2018年1月1日 更新

【官能小説】汚したい…49歳で目覚めた女王様の血【1】

綾香、49歳。アラフォーもはるかに過ぎて、アラフィフの独身。離別でも死別でもない、未婚だ。めちゃくちゃ流行った「逃げ恥」で言う所の、土屋百合ちゃんが一番しっくりくる。そんな綾香は、この歳でまさかの本当の自分に気づく…

綾香、49歳。

アラフォーもはるかに過ぎて、アラフィフの独身。

離別でも死別でもない、未婚だ。

めちゃくちゃ流行った「逃げ恥」で言う所の、土屋百合ちゃんが一番しっくりくる。
違うのは、「百合ちゃん」は処女のまま閉経してしまったこと。

綾香は、それなりにモテた間に、彼氏もたくさんいて、セックスもした。たくさん。

でも、仕事を優先してきた綾香は、誰からも「妻」として選ばれなかった。
istockphoto (80889)

打ち込んだだけ仕事は結果が現れて、収入は高く今はみなとみらいのタワーマンションに一人暮らしだった。

充実している仕事があって、お金があって好きな暮らしを堪能している。

「一人であること」をのぞけば。
今日は、久しぶりに大学の頃からの友人の真理に会った。

真理は25歳ごろに結婚して、子供が二人。

お姉ちゃんと弟君で、弟君も去年成人式を迎えた。

上の子は年内に結婚が決まって、順調な人生を送っている。

「ばあば」になるのも近いのかもしれない。
娘をみごもったのをきっかけに仕事を辞めて、ずっと専業主婦の真理。

結婚することなくキャリアを築き続けた綾香。

全く違う生き方をしてきた二人だけど、不思議と友情は続いていた。

互いに互いの人生に干渉しないスタンスが良かったのだろう。

今夜は横浜の、綾香お気に入りのレストランでゆったり食事をする約束になっていた。

もう子供も大きいし、真理の夫は妻の外出にも寛容だった。
thinkstock (80891)

食前酒にキールをとって、メニューを見ながらあれこれ話していると、真理の方から振動音がする。

う゛ーーーーー…

「真理、電話鳴ってない?」

「え、私?」

マリは椅子の背に置いてあったバッグをまさぐる。
thinkstock (80892)

「あ、息子だわ。もしもし?」

周りに遠慮して、マリは小さな声で答えた。

「え、ほんとに?パパは?お姉ちゃんもなの?…そう…でも私今横浜よ。え、あらそう、じゃあそうして。LINEで場所送るわね。」

「どしたの、だいじょうぶ?」
メニューを閉じながらたずねると、真理はキールを飲み干して答えた。

「息子がね、家の鍵忘れて出かけちゃったんですって。でうちの人もお姉ちゃんも捕まらないらしくて。こっち方面にいるらしいから、ここまで鍵受け取りに来るって言ってるわ。」

「あらそう、息子くんに会うのなん年ぶりかしら。中学に入ってからあってないから…7年ぶりくらい?」

「そんなになるのね。背ばっかり大きくなっちゃってね。ひょろひょろーって。」
確か真理の息子の翔(かける)くんは、そこそこいい大学の経済学部に通っていたはずだ。

「なかなかの美少年だったじゃない、小学校の頃。モテるんじゃない?」

「なんか取っ替え引っ替えしてるってお姉ちゃんが言ってたわ。男の子なんてそんなもんなのかしらね。」

それからとりとめのない会話をしながら運ばれてきた料理を味わった。
キャリアウーマンと専業主婦、経済観もずれていそうなものだが、真理の夫はなかなかの高給取りなのでたまの贅沢も許される。

優しい夫に可愛い娘と息子。裕福な家庭。

憧れなかったわけではない。

でも、もう遅い。
gettyimages (80893)

「あ。」

真理がワインを飲む手を止めた。

そして店の入り口に向かって手をひらひらと降る。

翔が来たらしい。

綾香は振り返って、固まった。
戸口からこちらに向かって来る綺麗なシルエット。

背筋が伸びていて、動きに無駄がない。

歩き方も綺麗で、少し長めの髪がふわふわと揺れる。
gettyimages (80895)

「すぐにわかった?」

真理は母親の顔になって言った。

「ん。この近くたまに来るから。」

そして綾香の方を見て軽く頭を下げた。
「こんばんは。」

「翔、覚えてない?昔よく一緒に出かけた綾香。」

「小学校くらいまで時々一緒に海とか行きましたよね?姉貴と一緒に。」

翔は綺麗な顔で笑って頷く。
gettyimages (80896)

ワインを傾けながら綾香は話しかけた。

「今日はお母さん借りちゃってるけど。」

「あはは、全然構いませんよ。なんならもっと頻繁にどうぞ。」

「ダメよ、そんなに家開けたらあなたが何するかわかったもんじゃないわ。前だって無断で誰か呼んででたじゃない。」

母親真理は割と口うるさい面を見せた。

「一緒に飲んでく?」

綾香は、この綺麗な生き物をもう少し見ていたくて、さりげなく誘った。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【官能小説】汚したい…49歳で目覚めた女王様の血【4】

【官能小説】汚したい…49歳で目覚めた女王様の血【4】

綾香のアソコを舌で、指で愛撫する翔。綾香はこのままイってしまいそうになる…
【官能小説】汚したい…49歳で目覚めた女王様の血【2】

【官能小説】汚したい…49歳で目覚めた女王様の血【2】

親友と飲んでいたところに現れた、21歳の美少年。その美しい姿勢と歩き方に、綾香は目を奪われる…
【官能小説】汚したい…49歳で目覚めた女王様の血【3】

【官能小説】汚したい…49歳で目覚めた女王様の血【3】

二人が惹かれあい、触れ合うまで時間はかからなかった。綾香に懸命に奉仕する翔。従順な少年に綾香は欲情する…
【体験談】まだまだ女として認められたい…アプリで見つけた年下の彼

【体験談】まだまだ女として認められたい…アプリで見つけた年下の彼

私は43歳の会社員。8歳年上の夫はすでにアラフィフ、平日の帰宅は夜遅く、 休日はだいたい接待で、不在がち、すでに、白髪のほうが多くなっています。 こんな夫には、健康を気遣うことはできても、セックスしたいとは思いません。
禁断の…♡最新の大人の関係に迫る!

禁断の…♡最新の大人の関係に迫る!

パパに不倫に愛人に…禁断の大人の関係を持っている女性は一体どのぐらいいるのでしょうか。 どこで知り合うの?どうやって関係性を築くの?パートナーにバレないの? 最新の禁断な大人の関係を調査しました!

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

LAYLA LAYLA
[ComicFesta]【TL】漫画家とヤクザ(act_1).ver1.2.1