☆YUKARI☆

☆YUKARI☆

1990年生まれ。 趣味は音楽です☆ 刺激的な記事が書けるよう頑張ります!

フォロー

0 人にフォローされています

【官能小説】愛が奏でるミュージック ~人は見た目じゃ分からない~

【官能小説】愛が奏でるミュージック ~人は見た目じゃ分からない~

元カレに裏切られて傷ついたエミリー。男性不信気味になってしまい、恋愛に前向きになれないでいた。しかしある日、エミリーの気持ちを変える出来事が舞い降りた。
【官能小説】どっちを選ぶ?双子のセックスと愛の交錯

【官能小説】どっちを選ぶ?双子のセックスと愛の交錯

私には好きな人がいます。でも、その人には一卵性双生児のお兄さんがいて、成長した今でも親ですら見分けがつかないほどそっくりだそうです。私たちの交際は順調に思えたのですが、ある日、彼のお兄さんがいたずらをして大変なことに…。
【官能小説】幼馴染の彼とバラ色のセックス♥

【官能小説】幼馴染の彼とバラ色のセックス♥

あなたは運命って言葉を信じてる?私は信じてる。多くの人がいる中で、彼と出会えたことは奇跡だと思う。そして、私たちの中で起きた奇跡は偶然にしては出来過ぎていて、運命以外の言葉が見つからないもの。
思い当たるかも!ツイッターで見かけたセックス事情まとめ♥

思い当たるかも!ツイッターで見かけたセックス事情まとめ♥

セックスやオナニーの時に「もしかして自分だけ?」と思っている人もこれを見たら安心♪ツイッターで見かけた皆のセックス事情をまとめてみました!
【官能小説】燃える夜はファンタジーの世界で♥

【官能小説】燃える夜はファンタジーの世界で♥

家族・親戚と一緒にキャンプに来たサラはトイレを探そうと森の中へ入った。吊り下げられたライトに沿って歩くよう言われていたので、その通りに進んでいたものの、知らない内に不思議な世界へと入っていってしまったのだった。
【官能小説】売れないモデルと売れない画家の不思議な奇跡

【官能小説】売れないモデルと売れない画家の不思議な奇跡

ナターシャはかつて光のように輝いていた。皆に「まるで太陽のようだ」と絶賛され、多くのカメラのフラッシュの光を浴びていた。しかし、今目の前に見えるのは白い壁と過去の自分の写真だ。そして、部屋の中にはため息の音だけが響いた。
気をつけて!性病の種類と対策【悩み・解決】

気をつけて!性病の種類と対策【悩み・解決】

症状が出ない性病もあることをご存知ですか?「名前は知っているけれど、詳しい内容は良く知らない…。」そのような方もチェックしておきたいコラムです。色んな性病を知って、注意しておきましょう。
え、こんなに!?「セクシャリティの種類」はまだまだたくさんあった!

え、こんなに!?「セクシャリティの種類」はまだまだたくさんあった!

アセクシャル、セクシャル・フルイディティと言う名前を聞いたことはありますか?調べてみたら、セクシャリティの種類はまだまだたくさんありました。セクシャリティの色んな呼び名や種類について知っておきましょう♪
知っておきたい!女性フェロモンの出し方やコツ

知っておきたい!女性フェロモンの出し方やコツ

お化粧やファッションに限らず、色んなところから女性フェロモンを出したいとは思いませんか?今回は女性フェロモンを出す色んな方法をまとめてみました!
セックスアピールに使えるメイク方法まとめ

セックスアピールに使えるメイク方法まとめ

思わず「早く知りたかった!」と言ってしまいそうなセックスアピールに使えるメイク方法をまとめてみました。これらを参考に、普段のメイクとは違うテクニックを使ってみてはいかがですか?
皆はどうしてる?アダルトグッズの買い方特集!

皆はどうしてる?アダルトグッズの買い方特集!

アダルトグッズを購入したいけれど、自分が買ったことがバレてしまうのは嫌だ…。あるいは、自分で買うことが恥ずかしいとお悩みではありませんか?そこで、色んな人のアダルトグッズ購入方法についてまとめてみました♪
あなたは大丈夫?デリケートゾーンの劣化を予防する方法♥

あなたは大丈夫?デリケートゾーンの劣化を予防する方法♥

デリケートゾーンの劣化を抑えてセックスレスが予防できたら良いなとは思いませんか?実は、デリケートゾーンのアンチエイジングを行える治療法があります!
女性から男性をホテルに誘う時のマル秘テクニック♥

女性から男性をホテルに誘う時のマル秘テクニック♥

「セックスをする時は男性から誘うもの。」その考え方、捨ててみない?いつでも使える、女性から男性をホテルに誘う時のマル秘テクニックをご紹介しましょう。
【官能小説】不思議な恋の物語り(3)

【官能小説】不思議な恋の物語り(3)

ナンシーは叫び続けた。周りからは変な人だと思われたかもしれない。それでも構わず叫び続けた。まるでこれが最後のチャンスかのように。
【官能小説】不思議な恋の物語り(1)

【官能小説】不思議な恋の物語り(1)

ある日、ナンシーの元へ一通の手紙が届いた。寝ぼけていたナンシーは何も考えずにその手紙を開いてしまった。手紙にはこう書いてある。「この手紙を読んだら、直ぐに返事をください。」よく見ると、宛名はナンシーではなく別の者の名前が書いてあった。
222 件