2017年11月18日 更新

【官能小説】不思議な恋の物語り(2)

ナンシーの心は彼のことでいっぱいになっていった。良くないとは思ったが、ナンシーは再度行動に移してみることに決めた。大胆なナンシーの行動は次々と不思議を生み出していくことになる。

ナンシーの心は彼のことでいっぱいになっていった。良くないとは思ったが、ナンシーは再度行動に移してみることに決めた。大胆なナンシーの行動は次々と不思議を生み出していくことになる。
istockphoto (79366)

もうひとつ追加で手紙を出してみようかと思ったナンシーだったが、彼の住所が分かっているので、そこへ実際に行ってみることに決めた。

連休で学校も休みだ。
教科書を投げ出し、ナンシーは外へ飛び出した。

飛行機で2時間、そこから電車で30分、さらにバスで1時間、そこからさらに徒歩で15分ほど。近いようで遠い彼の元へ訪れることとなった。同じ番号の部屋を見つけたナンシーの胸は高鳴った。押さなきゃと何度思ってもなかなかインターホンを押すことができない。手をそっと上げたが、指先が震える。

「もしもし?」後ろから男性の声がしてナンシーは驚き飛び上がった。
thinkstock (79364)

「は、初めまして!な、ナンシーです!」

ナンシーは軽くパニックになって深々と頭を下げた。そしてすっと体を起こすと固まってしまった。目の前には年配の男性が立っている。

「おやおや。お訪ねかな。そこの人はね、しばらく留守だよ。」

おじいさんはナンシーがインターホンを押そうとしていた部屋を指さし述べた。

「え?」

ナンシーは茫然とした。

「旅に出たらしい。大きな荷物を抱えていたからね。いつ戻ってくるかはわからないなぁ…。お嬢さん、この辺りで泊るのかい?」

ナンシーはハッと我に返った。そういえば宿泊先など後のことは何も考えていない。ナンシーが答えに迷っているとおじさんが優しく微笑み言った。

「良かったら、我が家に泊ってお隣さんを待つかい?あなたの荷物を見ると、どうやらちょっと寄っただけではないらしい。家内もいるし、我が家には子供がいないから大歓迎だよ。」おじさんは少し切なく、そして嬉しそうに述べた。

「ありがとうございます。すみません、急に…。」ナンシーは申し訳なくなったが、ラッキーだとも思ったし、このまま引き下がるわけにはいかないとも思ったのだった。
gettyimages (79361)

おじさんは彼の自宅の隣に住む人で、彼のことを色々と教えてくれた。身長や髪型、顔つきなど、おおよそのことがナンシーの想像通りだった。奥さんもとても優しい人で、ナンシーのことをわが子のように可愛がってくれた。

そうして2~3日が過ぎたが、彼は戻ってこなかった。

ナンシーは諦めて一旦自宅へ帰ることにした。

そして、彼のポストへここへ訪れたことを伝える手紙を入れた。

「本当に、色々と良くしてくれてありがとうございます。このお礼はいつか必ず。」ナンシーは深々とお礼を述べた。

「いいんだよ。こっちもとても幸せだった。素敵な時間をありがとね。」奥さんは微笑みながらも少し涙を浮かべて言った。

「またいつでもおいで。」夫婦の二人はナンシーに手を振った。

ナンシーも手を振り返す。

彼には会えなかったけど、とても良い出会いがあった。
彼が理想的な人であったこと、素敵なご夫婦に会えたこと、それだけでナンシーの心はポカポカとしていた。長い帰路が短く感じるくらいだった。また今度、会いに行こう。そう思いながらナンシーは自宅のポストを開いた。そして、驚いた。彼からの手紙が入っている。

「親愛なるナンシーへ。急にごめんね。どうしても君に会いたくなって自宅まで押しかけてしまった。でも、君は留守だったみたいだ。連絡すべきだったけど、どうしようもない気持ちになって、抑えきれなかったんだ。また手紙を送るよ。」

急いで書いたような彼の文字。

「彼がまだ近くにいるかもしれない!」

ナンシーはそのまま駅へと引き返した。
しかし、彼に似たような人はいなかった。

色んな人が行き来してナンシーに少しぶつかる。
「すみません、すみません。」ナンシーは人混みをかき分けた。

「スティーブン!どこー?」

ナンシーは人目も気にせず叫んだ。
gettyimages (79362)

まさか彼が会いに来てくれていたなんて。

ナンシーはとても嬉しくなった。

しかし、あることに気づいた。ナンシーはスティーブンの姿をおおよそ把握できているが、スティーブンがナンシーの姿を把握できているとは限らない。

とにかく叫ぶしかなかった。

「スティーブン!スティーブン!」

gettyimages (79365)

13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エロゲーはオンナだって楽しみたい!女性向け’’無料エロゲー’’5選♡

エロゲーはオンナだって楽しみたい!女性向け’’無料エロゲー’’5選♡

現代人の必須アイテムと言えば’’スマホ’’ みなさんも色んなアプリを入れてスマホを活用していると思います。 そこに女性向けの’’エロゲー’’を加えてみたいと思いませんか? もちろん無料! エッチなゲームと言うと、男性向けのイメージがありますが、最近の女性向けエロゲーの充実ぶりったら♡ アナタもぜひスマホに入れて、こっそり女性向けのエロゲーを無料で楽しんでみませんか?
【官能小説】不思議な恋の物語り(1)

【官能小説】不思議な恋の物語り(1)

ある日、ナンシーの元へ一通の手紙が届いた。寝ぼけていたナンシーは何も考えずにその手紙を開いてしまった。手紙にはこう書いてある。「この手紙を読んだら、直ぐに返事をください。」よく見ると、宛名はナンシーではなく別の者の名前が書いてあった。
【官能小説】不思議な恋の物語り(3)

【官能小説】不思議な恋の物語り(3)

ナンシーは叫び続けた。周りからは変な人だと思われたかもしれない。それでも構わず叫び続けた。まるでこれが最後のチャンスかのように。
【官能小説】シークレット・ラブ(3)

【官能小説】シークレット・ラブ(3)

<前回のあらすじ>救助した男性は訳アリだった!そして、ある作戦を決行することになる。クレアは無事に乗り越えることができるのか!?
【官能小説】お姫様と3人の王子 <第1話>

【官能小説】お姫様と3人の王子 <第1話>

あるところに、華のように美しいお姫様がいました。お姫様が表へ姿を現す度に、あまりの美しさに涙を流す者もいました。しかし、お姫様にはある悩みがありました。王子として誰を迎えるべきか困り果てていたのです。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

☆YUKARI☆ ☆YUKARI☆