2018年12月11日 更新

【官能小説】愛が奏でるミュージック ~人は見た目じゃ分からない~

元カレに裏切られて傷ついたエミリー。男性不信気味になってしまい、恋愛に前向きになれないでいた。しかしある日、エミリーの気持ちを変える出来事が舞い降りた。

元カレに裏切られて傷ついたエミリー。男性不信気味になってしまい、恋愛に前向きになれないでいた。しかしある日、エミリーの気持ちを変える出来事が舞い降りた。
thinkstock (85057)

「ミュージシャンとは絶対に付き合いたくない!」エミリーは語気を強めて友人のアニーへ言った。

「どうして?」アニーが聞き返すと、エミリーは涙目になって「ロクな人がいなさそうだもん。…私の元カレみたいにさ。」と言い、うなだれた。

エミリーの元カレはミュージシャンではないが、彼の浮気による失恋のショックからか「お肉ばかりを食べる男性とは付き合いたくない。」「携帯ばかりを見る男はダメ。」など色々な理由をつけては男性を批判するようになっていた。
「しばらくゆっくりと休みなよ。」アニーは少し呆れ気味に言った。「気持ちはわかるけどさ。」アニーはエミリーの頭を撫でる。

「そうだ、今度友人がライブをやるって言ってたから、気分転換に一緒にいかない?」アニーは思い出したかのように述べた。

「ライブねぇ…。」エミリーはハンカチで目を拭いながら考えている。

「音楽で嫌なことを忘れちゃおうよ!」アニーが携帯でスケジュールをチェックしながらエミリーの肩を叩いた。

「でも…。」エミリーが言い切る前に「じゃあ、決まりね!土曜日に待ってるから!」とアニーは言って帰っていった。

「もう、相変わらずなんだから。」エミリーは微笑みながら自宅へ向かった。
thinkstock (85056)

土曜日のライブ当日、エミリーは少し緊張していた。
「お待たせー。」アニーはやたらと派手な格好をしている。
「何その恰好!?」エミリーは笑った。
「ライブの日くらいいいじゃない!」アニーは少し恥ずかしそうに言い返した。
「あ、もうすぐ始まるよ!」

BGMが大きくなっていき、会場が暗くなっていく。

そして、パッと明るくなったと同時に大きな音が鳴り響いた。

「キャー!最高!」アニーは楽しそうに笑う横で、エミリーはぼんやりと突っ立っていた。目の前にいるギタリストがあまりにもカッコ良くて動けなくなってしまっていたのだ。

ギタリストは金髪で、ピアスやアクセサリーをチャラチャラと小さく鳴らし、黒いギターを巧みに掻き鳴らしていた。

エミリーは全く好みでない彼に完全に引き込まれていた。
thinkstock (85054)

ライブが終わった後、エミリーはアニーに声をかけつつもずっとぼんやりとしたままトイレへと向かった。

『お手洗いはこちら』と書かれた矢印に従って進み、角のドアを開いたらさっきの金髪ギタリストが立っているではないか。

「わー!すみません!間違えました!」エミリーは慌てふためいた。

「ん?」ギタリストはそっとドアを開き直す。

「トイレと間違えました。すみません。」その場を去ろうとするエミリーの腕をギタリストはパッと掴まえた。

「ここでしていきなよ。」ギタリストはエミリーを部屋へ引き込んだかと思ったらふわっとお姫様抱っこをしてソファーに横たわらせた。

「え…!ちょっと…!」エミリーが何かを言い切る前にギタリストはエミリーのスカートの中の下着を脱がし、素早く性器を舐めた。

「あぁ…!やっ…!」エミリーは思わぬ出来事に抵抗する間もなかった。「嫌だった?」ギタリストは上目使いでエミリーを見る。そしてクリトリスを舌で転がした。

「あぁぁっ…!!」緊張と興奮で力んだ勢いでエミリーは放尿してしまった。
thinkstock (85051)

ギタリストは側にあったジュースでエミリーの性器を洗い、そのまま中へペニスを挿入した。

「さっきのライブの時、俺に見惚れてたでしょ。」いじわるな声をだしながら段々とピストンを速める。

エミリーはギタリストの腕をギュッと掴みながら快感に溺れた。

「アッ、そんなに締め付けられたらっ…」ギタリストは耐えきれなさそうな声を出した。

「良いの、出して…!」エミリーはそのまま抱きかかえた。


事を終えた後、ギタリストはエミリーに言った。

「俺、なぜか君が運命の人だって感じたんだ。」

少し恥ずかしそうに俯いている。

「いきなりだったけど、良かったらこれからも一緒にいようよ。俺、こう見えても結構一途だからさ。何なら本当にそうなのか付き合って確認してもらっても良い。というか…、結婚してください。」

「ここまでしといて断るわけないじゃん。」エミリーは微笑んだ。
数年後…

エミリーは左手に結婚指輪を光らせながら、子供を抱っこしているギタリストへ手を伸ばした。

そしてアニーへ言った。

「人って見た目じゃないのね。」
thinkstock (85055)

最新のオススメ(男女から人気)

完全無料でクレカ登録もなく即見れるAV動画!

無料と言いながらクレカ登録しないと見れないとか多いですよね~^^;

そうじゃないのもあるけど、作品が少なかったり、イマイチだったり・・

そんな不満を解決してくれるサービスが今回オススメのアダルト動画ナナイロです。

基本登録を無料でサクッと1~2分で済ませるだけで、スマホでもすぐにエッチな動画が見れちゃいますよ。

勝手にお金が請求されることもないので安心、うちのスタッフも愛用中です♪

▼こちらよりどうぞ▼

13 件

たまにはエッチ動画、見てみる?

完全無料でサクッと見れるエッチ動画はこちら

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【官能小説】どっちを選ぶ?双子のセックスと愛の交錯

【官能小説】どっちを選ぶ?双子のセックスと愛の交錯

私には好きな人がいます。でも、その人には一卵性双生児のお兄さんがいて、成長した今でも親ですら見分けがつかないほどそっくりだそうです。私たちの交際は順調に思えたのですが、ある日、彼のお兄さんがいたずらをして大変なことに…。
【官能小説】幼馴染の彼とバラ色のセックス♥

【官能小説】幼馴染の彼とバラ色のセックス♥

あなたは運命って言葉を信じてる?私は信じてる。多くの人がいる中で、彼と出会えたことは奇跡だと思う。そして、私たちの中で起きた奇跡は偶然にしては出来過ぎていて、運命以外の言葉が見つからないもの。
冬だ!コタツだ!そうだコタツの中でエッチしよう♡

冬だ!コタツだ!そうだコタツの中でエッチしよう♡

日本の冬と言えば...そう「コタツ」です。 コタツは世界に誇れる日本文化と言っても過言ではないのではないでしょうか。 と、少し大げさかもしれませんが、日本の冬の必須アイテム「コタツ」、せっかくなのでセックスに使ってみませんか? 今回はコタツとセックスのエトセトラをご紹介していきます♡
日本人ですもの♡布団でセックスする5つのメリットとは?

日本人ですもの♡布団でセックスする5つのメリットとは?

みなさんは普段どこでセックスしていますか? ベッド?それとも布団? 時代と共に愛用者が減っている布団。 でも’’布団でセックス’’には実はメリットがいくつかあるんです。 今回は布団でセックスする事のメリットについて一緒に見ていきましょう♡
【官能小説】愛してると言われたくて 第二話

【官能小説】愛してると言われたくて 第二話

いつもふとしたきっかけが私たちを突き動かそうとしている。風が吹いている中でじっと耐えるのも自由だし、そのまま流れに乗ってどこかに行くのも自由だと思う。まるで私たちの恋のように。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

☆YUKARI☆ ☆YUKARI☆