2017年10月28日 更新

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【1】

「ねえ、こういうの見たことある?」英理子は、小学校3年生の頃、不運に見舞われた。夏休み中にプール教室に通っていた時のことだった…

「ねえ、こういうの見たことある?」

英理子は、小学校3年生の頃、不運に見舞われた。

夏休み中にプール教室に通っていた時のことだった。
thinkstock (79970)

暑い夏の日。

知らない男に道を聞かれた。

20代か30代か。

白いポロシャツにジーンズの、眼鏡をかけたひょろっとした男だった。

でも聞かれた場所に心当たりはなく、知らないと首を振った。

それなのに、男は英理子の後をついてきたのだ。

不審に思いながらも、学校への道を急いだ。
細い路地に入り、学校が坂の上に見えてきた頃、男が再び声をかけた。

「ねえ、こういうの見たことある?」

何かと思って振り返った英理子の目に飛び込んできたのは、見たこともないグロテスクな、こちらに突き出した赤黒い長いものだった。

男はヘラヘラニヤニヤと笑っていた。

これが何を意味するのかはわからなかった。

でも、本能的に英理子は逃げ出した。
thinkstock (79973)

しかし男は素早く英理子の手首を掴んだ。

とっさに持っていた水泳バッグを男に叩きつけた。

「待ってよ!」

男は叫んだが英理子は振り返りもせずに学校へ駆け込んだ。
英理子の心臓は、ばくばくと激しい音を立て続けた。

走ったことによる息切れが治っても、その心臓の音が身体中に響いていた。

学校には、同じくプール教室に通う友達がワイワイと集まっていた。

「あ、英理子ちゃーん!」

声をかけられても、うまく笑えない。
「どうしたの?走ってきたの?」

無邪気に聞かれる。

「ううん、あ、うん…」

間も無く先生が現れて出席をとった。

(誰か、先生とかに言ったほうがいいのかな…)

でも、なぜだか言えなかった。
恥ずかしいからか。

自分は何も悪いことなどしていないのに、罪悪感があった。

男をプールバックで叩いた感触が手に残っていた。

プール教室が終わり、帰る時になって不安になった。

(またいたらどうしよう…)

さっきの細い路地を通りたくなかった。
英理子は、友達と回り道をして帰った。

家に帰ると母親がアイスを出してくれた。

けれど、今日起きたことを母に話せたのは、3日ほど経ってからだった。
これが、英理子が初めて男のペニスを見た経験だった。

幸いにも、それ以上のことをされることはなく、男にもう会うこともなかった。

母親が学校に連絡してくれ、登下校時には保護者が同行することになった。

けれど、同じような白いポロシャツにジーンズ、そして眼鏡の男を見ると体がこわばった。
thinkstock (79976)

この事件は、英理子の心に大きな傷を残した。

最近は世の中に痛ましい事件が次々と起きていて、それに比べれば大したことではないのかもしれない。

でも、英理子は、男に対して拒絶反応を示すようになっていた。
頭で考える前に、男というものに対して身がすくむ。

相手が何をしているわけでもないのに。

特に年上の大人が怖かった。

中学校の担任が、この時の男に似ていた。

学校に、行けなくなった。
その後、私立の全寮制カトリック系女子校に編入した。

教師も生徒もみんな女。

女の園。

ようやく英理子は、笑顔で暮らせるようになった。
女子校。

それは、男にとっては幻想を持ちがちなものだろう。

その上全寮制。

でも、女子校とは男の目がないだけはした無くなり、慎みを失いがちだ。

この、英理子の学校を除いては。
istockphoto (79977)

かなり厳格な規則があり、敬虔なカトリックの子女が通うからか、かなり閉鎖された空間で生徒たちはしづしづと暮らしていた。

部屋は2人部屋で、上級生と下級生が組む仕組みになっていた。

英理子は、先輩に助けられ、後輩の面倒をみ、充実した寮生活を送っていた。
中学2年の時の同室は、3年の真紀先輩だった。

真紀先輩はスポーツが得意で、バレー部のキャプテンをしていた。

高等部からも一目置かれるほどで、いわゆるみんなの憧れの的だった。

面倒見が良く、明るい真紀といっしょの生活は楽しかった。
thinkstock (79978)

ある時を境に、その楽しみが変わった。

英理子はその週末、自宅に帰省していた。

日曜の夕方に帰るはずが、父の出張が重なってしまったので、父の出発に合わせて昼過ぎに寮に戻ってきた。

自分と真紀先輩の部屋に入ろうとドアノブに手をかけると、中から微かに声がした。

(真紀先輩いるんだな。)
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【5】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【5】

真紀と愛し合うようになった英理子。公然の噂になった二人の関係は、どこまで知れ渡ってしまったのだろうか…?
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【7(最終話)】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【7(最終話)】

トラウマであるペニスの形をしたおもちゃが現れた。でもそれを欲しがる女たち。そんなに…イイの…?英理子の運命は…!?
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【6】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【6】

突然部屋で襲われかけた英理子。二人のセックスを最後まで見届ければ解放される…じっとして見届けられれば…
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【4】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【4】

真紀に足を開いた英理子。その桜貝のような、汚れを知らないおまんこに、真紀はそっと触れる…
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【2】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【2】

トラウマを抱えた英理子は、全寮制の女子中学校に入学した。女の園で、やっと笑えるようになった英理子。ところがある日ルームメイトの真紀が…?

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

LAYLA LAYLA