2017年10月28日 更新

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【3】

オナニーする真紀を見て、その股間をいじり始めた英理子。クリトリスにそっと触れて…

英理子は素直に、指でクリクリと円を描くように触った。

「あああ…!いいよお…っ!夢みたい…英理子が…私のクリいじめてる…!グチョグチョのおまんこ見てるうっっ…!」

英理子は、胸が高鳴った。

そして、下半身にもその高鳴りと疼きを感じていた。

真紀のクリトリスを触る指に、かすかに力を込めて見た。

「いいっっ…!や…ああ……いくっ…いぐっ…いぐうぅぅ……!!!!!!!!」

真紀は叫んで、体を震わせてイった。
istockphoto (80062)

真紀はぐったりと椅子に身を任せて息を切らしている。

それを見て、英理子は羨ましくなった。

(先輩…とっても気持ち良さそう…)

そして、腰をモジモジっと動かした。

すると、擦れた股間が、そう、真紀と同じあたりがぐりっと刺激され、電流が走った。
「んっ…」

初めて味わう、甘美な刺激。

その瞬間を、真紀は見た。

「英理子…あなたも…感じたい…?」

ようやく整い始めていた息は、またかすかに荒くなった。
真紀は座っていた椅子から降りると、床の英理子と目線を合わせた。

「英理子…」

「真紀先輩…」

二人の顔は少しずつ近づき…そしてキスした。
thinkstock (80067)

真紀の薄くてさらっとした唇と、英理子のぽってりと可愛らしい唇が重なる。

ついばむようなキス。

チュッチュという音が部屋に響き、次第にそれは粘度を増した。

クチュクチュ…ぬちゃ…

二人は互いの唇を貪った。
初めてのはずの英理子が、能動的に真紀の唇を奪っていた。

真紀は負けじと下を英理子の口の中に滑り込ませ、英理子の舌と絡めた。

その動きはエロティックで、二つの唇の隙間からは熱い吐息が漏れた。

はぐきをなぞる真紀の舌…すると同じことをすぐに英理子は真紀に仕返した。
長いキスは、二人を焦らし、欲望を高めた。

真紀はそっと手を英理子の胸元にはわせる。

「可愛いおっぱい…ふっくら丸くて…食べたくなる…」

服の上から両方のおっぱいを揉みしだく。

ブラジャーの中でおっぱいがいびつに蹂躙されている。
gettyimages (80064)

真紀は、その乳首が尖ってくるのを指先で感じた。

英理子は顔を伏せてはいるが、顔や耳が紅潮しているのがわかる。

(感じてる…英理子が私の…愛撫に…)
自信をつけた真紀は、英理子の服のボタンをはずし始めた。

中から、可愛らしいピンクのブラジャーが現れる。

真紀のスポーツに向いた筋肉や薄い胸とは違って、英理子はどこもかしこも柔らかだった。

ぽってりと重量のあるおっぱいが、ブラジャーになんとか支えられていた。

服を床に落とし、英理子の背中に手を回す。

ブラのホックを外すと、丸いいかにも女というおっぱいがこぼれ落ちた。
istockphoto (80065)

その白い塊を、真紀は愛おしそうに両手で包み込み、ふにゃふにゃと優しく揉み込んだ。

さっきよりもさらに硬くなる乳首。

そそりたち、こちらに向けて尖っている。

真紀は、そっと顔を近づけ、優しくその薄い唇で挟み込む。
粘膜に包まれた乳首はピクンと反応し、目を瞑っていた英理子は思わず目を開けた。

「可愛いよ…英理子とっても可愛い…」

真紀はそう呟きながら乳首を転がす。

そして、脇腹からお尻にかけて右手を這わせた。

可愛らしいお尻を丸くなで、スカートの下にその手は侵入した。
真紀の息は荒く、答えるように英理子も吐息を漏らしていた。

「横になって…」

真紀はそう言って、英理子をそっと床に寝かせた。

そしてスカートをたくし上げ、ブラとお揃いのピンクのパンティを見つめた。
「英理子こんなに濡れて…」

真紀は目が潤んだ。

英理子の下着には、しっかりとシミがついていた。

そっと手をやり、パンティをスルスルと脱がす。

かすかに愛液の匂いがした。
istockphoto (80066)

「ここ…見せて…?」

真紀は英理子の顔を覗き込んで言った。

英理子は、赤い顔で、小さくこくりとうなづいた…。

膝を立て、脚を開く。

「…クチュリ…」

という小さな音がした。
初めて見る、そして他人に見られる英理子のおまんこは、それはうっとりするほど綺麗だった。

真紀は小学生の頃からオナニーをしていたが、おそらく英理子はトイレやお風呂以外で、触ったことすらないのだろう。

薄いピンク色で、濡れてツヤツヤ光っていた。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【7(最終話)】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【7(最終話)】

トラウマであるペニスの形をしたおもちゃが現れた。でもそれを欲しがる女たち。そんなに…イイの…?英理子の運命は…!?
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【5】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【5】

真紀と愛し合うようになった英理子。公然の噂になった二人の関係は、どこまで知れ渡ってしまったのだろうか…?
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【6】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【6】

突然部屋で襲われかけた英理子。二人のセックスを最後まで見届ければ解放される…じっとして見届けられれば…
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【1】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【1】

「ねえ、こういうの見たことある?」英理子は、小学校3年生の頃、不運に見舞われた。夏休み中にプール教室に通っていた時のことだった…
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【4】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【4】

真紀に足を開いた英理子。その桜貝のような、汚れを知らないおまんこに、真紀はそっと触れる…

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

LAYLA LAYLA