2017年11月4日 更新

【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【2】

偶然放課後の教室で、妄想のネタだったクラスメイト(もちろん男×男)の告白シーンに遭遇したまゆ。こっそり息を潜めて様子を伺うと…

「もう一回言う。俺はお前が好きだ。俺のものにしたい。」

そう言うと肩を掴み、唇を近づけた。

いくら井口君の体格が良くても、避けられたはずの榊原君は。

そのまま、じっとしていた。

「クチュ…」

唇と唇の合わさる音が、静かな教室に響いた。
gettyimages (80602)

「嫌じゃないのかよ…」

吐息混じりに井口君が尋ねる。

「嫌かと思ったけど…嫌じゃないな…」

榊原君。

そして、榊原君からもう一度唇を合わせる。
それに煽られて、井口君が背中に手を回し、しっかり抱きしめながら激しく唇を貪った。

荒い息と、いやらしい水音。

井口君の大きな手は、榊原君の背中から少しずつ降りていく。

そして、お尻をぐっとつかんだ。
「おい…」

榊原君は言ったけど、本気で嫌がっているふうではなかった。

「お前だってこんなんなってんじゃんか。」

そう言って、膝で榊原君の股間をぐいっと押す井口君。
gettyimages (80603)

「くっ…!」

「いいよな…?」

井口君が耳元で囁いた。

そのまま舌は榊原君の耳の中をはう。
「うっ…く…あ…」

そして、榊原君の右手は股間をさすさすしている。

「お前女ともしたことないんだろ?俺がやってやるよ…」

カチャカチャ音がして、ベルトが抜かれた。
一気に引き出された榊原君のモノは、硬く上を向いている。

スレンダーな体に似合う細長いペニス。

(初めて本物見ちゃった…あんなんなんだ…)

まゆは、荒くなってくる息をこらえて食い入るように見つめた。
井口君がしゃがんだ。

天井を向いている榊原君のペニスを、口に含む。

「うあっ…」

榊原君は目をつむってのけぞった。

「めっちゃ硬い…かわいいよ榊原…」
くわえたまま、井口君はモゴモゴと呟く。

その振動がさらに刺激になったらしく、一層強く目をつむる榊原君。

「ダメだっ…ヤバイ…!はなしてっ…」

その瞬間、井口君は口をすぼめてキュッと強く吸った。

「あああっっ…いっ…!!!」

榊原君はあっさりイってしまった。
井口君の喉がゴクリと精液を飲み干した。

息を切らす榊原君。

でもそのペニスはまだまださっきと同じように上を向いたままだ。

(濡れて光って、夕日に照らされて…綺麗…)

まゆは腿をもじもじさせながら指をしゃぶった。
thinkstock (80604)

「まだまだ欲しいって言ってんな、ここ…」

そう言って井口君が手で弾く。

「やめっ…はあっ…」

井口君は立ち上がり、ズボンを下ろした。

「俺のも…してくれるよな?」

井口君のはたくましく、短めだけどとても太かった。
朦朧とした榊原君は、机に腰掛けた井口君のものに恐る恐る手を伸ばした。

手で優しく掴むと、上下に動かす。

「うあ…」

手を後ろについた井口君は、恍惚とした表情になった。

「もっと強く…お前が一人でしごいてる時みたいに…」

井口君は素直に手に力を込める。

「イイよ…お前の手だと思うだけでヤバイ…」
thinkstock (80605)

そして井口君は、榊原君の頭を掴み、自分の股間に押し付けた。

「舐めて…」

榊原君は素直に舌を出し、震えながらその井口君のペニスを口に含んだ。

ぎこちなく舐める。

でも、やっぱり男は自分がして欲しいことがわかるんだろう、次第に積極的に愛撫した。
「あああ…イイ…めっちゃイイ…」

井口君はまた榊原君の頭を掴んで、ぐいっと押し付ける。

喉の奥深くに入ったらしく、軽くえづく榊原君。

でも、愛撫をやめない。

「やべ…っ一回出してイイ?」
息を荒げながら井口君は言い、返事を待つまでもなく叫んだ。

「うあああっっ…くう…でる…!!」

初めての口に出された精液を、どうしようかと一瞬悩んだようだったけれど榊原君は飲み込んだ。
「かはっ…か…」

その味に少しむせた。
その時には、まゆはもうスカートの上から股間をまさぐっていた。

「挿れたい…」

井口君は、榊原君の目を見つめた。

「それは…ちょっと…怖いし…」

怯える榊原君。

「大丈夫、俺女で練習したからうまいぜ。」

そう言って井口君は自分の指をしゃぶった。
thinkstock (80606)

「そこの机に手かけて、こっちにケツ向けてくれよ」

榊原君は、嫌がっていた割には素直にその姿勢になる。

膝まで降りていた服を井口君が脱がし、軽く足を開かせる。

「ゆっくりやるから…」
そう言って、唾液でベトベトにした中指を、お尻に近づけた。

そっと割れ目に侵入する。

「あっ…」

アナルに触れたらしい、かわいい喘ぎが聞こえる。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【1】

【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【1】

まゆは、高校二年生の腐女子。家にはものすごい数のBL本が揃ってるし、趣味はクラスの男子や街ゆく人でBL的妄想をすることだ。もちろん家族も友達も誰も知らないんだけど。そんなまゆがある日目にしたものは…
【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【3】

【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【3】

互いに一度ずつ抜きあった井口君と榊原君。井口君はとうとう榊原君のアナルに手を伸ばして…
【ひとりエッチのおかずにあり?】BLの魅力とオススメコミックご紹介♡

【ひとりエッチのおかずにあり?】BLの魅力とオススメコミックご紹介♡

みなさんは「BL」読んだことありますか? 「そもそもBLが分からない」 「知ってるけど読んだことはない」 そんな方にぜひハマってほしいと言う願いを込めてご紹介させて頂きます♡
【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【3】

【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【3】

彼の指をきゅうっとくわえ込んでイった真衣。そしてとうとう彼の太いモノが…
【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【1】

【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【1】

セックス好きの真衣は、もう何年も中イキできなかった。それは、あの時の記憶があるから…

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

LAYLA LAYLA
[ComicFesta]【TL】漫画家とヤクザ(act_1).ver1.2.1