2017年11月4日 更新

【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【1】

まゆは、高校二年生の腐女子。家にはものすごい数のBL本が揃ってるし、趣味はクラスの男子や街ゆく人でBL的妄想をすることだ。もちろん家族も友達も誰も知らないんだけど。そんなまゆがある日目にしたものは…

まゆは、高校二年生の腐女子。

家にはものすごい数のBL本が揃ってるし、趣味はクラスの男子や街ゆく人でBL的妄想をすることだ。

もちろん家族も友達も誰も知らないんだけど。
thinkstock (80596)

クラスでもどちらかというと目立たない方で、成績は良くないけど真面目な子というキャラで通っている。

黒髪はちょっと全体に長くて顔を覆っていて、地味な風貌だ。

まさか頭の中は裸の男たちが絡んでいるなんて誰も思わない。
今気になっているのは、井口君と榊原君。

井口君はサッカー部で、いわゆるモテ男。

背も高くて体つきもがっしり系。

日に焼けた肌と単髪がよく似合う男子だ。
榊原君は、いわゆる優等生で成績もいつもトップクラス。

黒縁メガネの、ちょっと華奢な体型。

二人ともまゆのクラスメイトだ。
すみわけが違いそうなこの二人、なぜかいつも一緒にいるんだよね…

中学校の頃からの友達らしくて、クラスでもいつも一緒。

(それってやっぱり…ねえ?)

授業中も休み時間も、気づけば二人を目で追っていた。
gettyimages (80598)

金曜日、昼休みになった。

二人はお弁当派で、教室に残っていた。

窓際の席に、他何人かの友達といる。

まゆはそれとなく聞き耳を立てていた。

「お前明日ヒマ?」
井口君が榊原君に言った。

「別に何もないけど?」

榊原君が答える。

「映画見に行きたいんだよな。付き合わねえ?」

(やだ、デート!?)
まゆはお弁当を食べる手を止めて聞き入った。

「あああれ?前から言ってたやつだろ?いいよ俺も見たいし。」

(他に男子いるのに、誰も誘わないで二人で行くんだ…いやーん!)
thinkstock (80599)

その週末は、しっかり映画館デートする二人を妄想して萌えていた。

(デートの後はお茶して…どっちの家に行くのかな。やっぱり誘うのは井口君?井口君ちか、『お前ん家行っていい?』とかも…で部屋に入るなり押し倒しちゃって…きゃー!!)

まゆは、BLコレクションから、同級生ものを引っ張り出して読みふけった。

もちろん顔は井口君と榊原君に置き換えて。
まゆは、男と女のエッチな話では全く濡れないのに、BLを見ていると興奮する。

いつのまにかベッドの上にBLコミックが散乱し、その中にまゆのパンティも混ざっていた。

「ああ…井口君…榊原君が壊れちゃうよぉ…っ!」

たくましいペニスで荒々しく榊原を犯す井口君。

ぱっくり開いたアナルで井口君を受け入れて、よがる榊原君。

妄想の中の二人と一緒にまゆはイった。
thinkstock (80600)

次の日、二人は喧嘩でもしたのかちょっとよそよそしい感じだった。

いつもみたいに二人でいないし、会話も少ない。

気をつけて見ていると、目も合わせていないみたいだった。

(やっぱり昨日イタしちゃったのかしら…!!)

榊原君のお尻が気になるまゆだった。
放課後、ほぼ家に帰り着こうかという時になって、まゆは明日提出の課題を学校に忘れてきたことに気がついた。

「めんどくさー…」

仕方なく学校に戻った。

これがまゆにとって超ラッキーな忘れ物だとはまだ知らずに…
夕暮れの学校は、もう運動部も終わったらしく人気がなかった。

施錠されるまで後30分。間に合ってよかった。

教室に近づくと、人の声がする。

男子だ。


なんとなくこっそり教室を覗いて、まゆは息を飲んだ。

(井口君と榊原君…!!)
窓辺に座った井口君。

少し離れたところの机に腰掛けている榊原君。

なんだか、雰囲気がいつもと違う。

真剣な目だ。
gettyimages (80601)

「避けてんなよ…」

井口君が呟いた。

「別に避けてないけど…なんていうか…」

「俺の気持ちが迷惑ならそう行ってくれた方が楽だよ。こんなの俺やだぜ。」

(俺の気持ち…え、え、え、!?本当に?!?!?)
まゆはドキドキしてきた。

絶対見つからないように、でももう少し良く見えるところに移動する。

「迷惑じゃない。そうじゃなくて…そんなふうに思ったことなかったっていうか…」

「俺はずっと思ってた。好きだし、独占したいし、抱きたいと思ってる。今も。」
井口君の情熱的な告白。

「だってお前彼女いたじゃないか、中学の頃も…」

榊原君が尋ねる。

「いたよ。だってお前とやるなんてできない。お前じゃないなら誰だって一緒だった。だからどれも長続きしなかったろ?」

井口君は完全に攻めに入ってる。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【2】

【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【2】

偶然放課後の教室で、妄想のネタだったクラスメイト(もちろん男×男)の告白シーンに遭遇したまゆ。こっそり息を潜めて様子を伺うと…
【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【3】

【官能小説】腐女子の妄想が現実になった時【3】

互いに一度ずつ抜きあった井口君と榊原君。井口君はとうとう榊原君のアナルに手を伸ばして…
【ひとりエッチのおかずにあり?】BLの魅力とオススメコミックご紹介♡

【ひとりエッチのおかずにあり?】BLの魅力とオススメコミックご紹介♡

みなさんは「BL」読んだことありますか? 「そもそもBLが分からない」 「知ってるけど読んだことはない」 そんな方にぜひハマってほしいと言う願いを込めてご紹介させて頂きます♡
【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【3】

【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【3】

彼の指をきゅうっとくわえ込んでイった真衣。そしてとうとう彼の太いモノが…
【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【1】

【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【1】

セックス好きの真衣は、もう何年も中イキできなかった。それは、あの時の記憶があるから…

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

LAYLA LAYLA
[ComicFesta]【TL】漫画家とヤクザ(act_1).ver1.2.1