2018年7月13日 更新

【官能小説】4つの巨乳【4】

アリスにおっぱいを触られた真央。そのまま「エッチしたくなっちゃった」とアリスは彼氏のジェイクと真央の目の前で始めてしまった。初めてみるペニス…セックス…興奮が止まらない!


【官能小説】4つの巨乳【3】は、こちらから



ジェイクは、アリスのHカップに自分のペニスを挟んだ。

アリスは自分でおっぱいを持ち上げて揺さぶり、しごく。

二つの肉の塊の間から顔を出した肉棒。

先っぽからは透明な汁が溢れている。
thinkstock (81103)

ジェイクは、アリスのショーパンを脱がす。

下からは、黒のTバックが現れた。

小さな布から、溢れ出る欲望が腿を濡らしていた。

一気にそのTバックを剥ぎ取って、床に仰向けに転がした。

アリスはトロンとした目でジェイクを見つめている。

足は軽く開いて、迎え入れたくてうずうずしているようだ。
ジェイクはアリスの足を割って近づき、素早くポケットから取り出したゴムをかぶせ、一気に押し入った。

「あああんっ…ジェイィィィ…!!」

激しく腰が打ち付けられて、横になったアリスのおっぱいが激しく揺れる。

ジェイクは片手でそのおっぱいを掴み、強く揉みしだいた。

アリスの喘ぎは激しくて…処女の真央には刺激が強すぎた。
thinkstock (81105)

もう立っていられなくなった真央はその場にへなへなと座り込み、それでも眼の前で繰り広げられるセックスに見入っていた。

激しいファック。

二人はいつしか英語で喘ぎ、愛の言葉らしきものを囁いている。

それがまた映画のワンシーンを見ているようで…目が離せなかった。

真央は…知らず知らず自分の乳首をいじっていた。
「ウウウッッッ!!!」

ジェイクがうめき、ひときわ強く腰を打ち付けると、ピタリと二人の動きは止まった。

アリスの上に倒れこむジェイク。

二人とも激しく息を切らしている。
thinkstock (81106)

(イったんだ…)

初めて見るセックス。

自分が経験する前に見てしまったセックス。

真央は…激しく興奮していた。
「マオ…」

ジェイクが、こちらを見て呟いた。

こっちへ来いと、言っているようだった。

真央は、素直に立ち上がった。
二人が横たわっている側に、真央は座った。

ジェイクが、腕を引っ張る。

二人の横に転がった。

「真央は綺麗だ…このおっぱい…サイコーだよ…」

ジェイクは真央の目をじっと見て言った。
「やだ…恥ずかしい…大きくて…」

「What?何を恥ずかしがることがあるの?君はサイコーに綺麗だ…。日本語ではうまく言えないけど…」

ジェイクの下のアリスも、にっこり笑ってこちらを見ている。

「君もしたい?」

なんと直接的に聞くんだろう。

さすがに、イエスと言う勇気はなかった。

でも…したかった。
「日本人はシャイなのよ、ジェイ…」

そう言ってアリスはジェイクを押しのけて身を起こす。

「そんなことは言葉で聞いちゃダメなの。カラダに…聞くの。」

そう言うと、アリスは真央のおっぱいにしゃぶりついた。

さっきのようなソフトな舐め方ではなかった。
一度ジェイクに貫かれた後のアリスは、完全に女になっていて、真央に挑みかかった。

そのまま、真央は左のおっぱいをアリスに、右のおっぱいをジェイクに愛撫された。

アリスは、激しいのに繊細で、ジェイクは、優しいのに強引で。

二人の対照的な愛撫に、うっとりとしている真央がいた。
gettyimages (81108)

そのうちジェイクは、真央のミニスカートの下に手を入れてきた。

もう…真央は拒まなかった。

さわさわとお尻を撫ぜる。

おっぱいのふくよかさに比べて頼りないヒップ。

そしてその手は前にやってきた。
「私…初めてなの…」

真央は恐る恐る呟いた。

ジェイクは、心配いらない、と言うようなことを言って続けた。
パンティーに手を差し入れたジェイクは、その滑り具合にとても喜んだ。

「もうこんなに濡れてる…」

そう言って、割れ目をそっと開く。

怖い…

でも、アリスがずっとおっぱいを愛してくれていて、一人じゃないと言う妙な安心感があった。

「ああっ!!」
thinkstock (81109)

ジェイクの指が、真央のクリトリスに触れる。

電流が体を突き抜けたような快感。

これまでお風呂の時などに触ってみたこともあったし、気持ちイイことも知っていた。

でも…人に触られるとこんなにすごい…
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【官能小説】4つの巨乳【3】

【官能小説】4つの巨乳【3】

誰もいないアリスの家で、ジェイクとアリスにおっぱい見せてと頼まれた真央。アリスに見せるだけって言ったのに…その指は真央のおっぱいに触れた…
【官能小説】4つの巨乳【2】

【官能小説】4つの巨乳【2】

巨乳のアリスと仲良くなった真央。夏休みに入って、アリスの彼のジェイクと海にも行った。そしてアリスの家でご飯を食べようと…
【官能小説】4つの巨乳【1】

【官能小説】4つの巨乳【1】

「胸が大きいのが悩みです」なんて言ったら、貧乳の皆さんにはシバかれるかもしれない。でも倉田真央は本当に悩んでいる。結構昔から。そんな真央が、自分のおっぱいに自信をつけたのはあの日…
【体験談】ペルー人ダンサーとの3P

【体験談】ペルー人ダンサーとの3P

私が20代半ばの頃のお話です。 当時私は、長年交際をし、同棲までしていた外国人の彼氏との恋に破局をし、自暴自棄になっていました。 男性がいないと恋しくて仕方がなかったんです。
【体験談】台湾人男性のお姫様扱いな激しいセックス

【体験談】台湾人男性のお姫様扱いな激しいセックス

結婚していますが、年下の主人とはセックスレス。 とても仲が良かったのですが、性生活は年に数回あるか無いかでした。 毎日自分で自分を慰めてはため息をつく、そんな生活を送っていましたね。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

LAYLA LAYLA