2017年4月6日 更新

【官能小説】愛より体に恋をする♥

黒髪のせいか真面目そうだと言われる私。でも、本当は違うの。「俺、お前のことが大好き。」と男は言うけれど、私は恋愛やら男の心には興味がない。私が好きなものはただ一つ。そう、男のカラダだけ。

黒髪のせいか真面目そうだと言われる私。

でも、本当は違うの。

「俺、お前のことが大好き。」と男は言うけれど、私は恋愛やら男の心には興味がない。

私が好きなものはただ一つ。

そう、男のカラダだけ。
Images and videos of blowjob (68442)

好きな食べ物

冷静に考えると、みんな恋愛に必死すぎるでしょって思う。彼が浮気をしたから許せない、好きな人に振られたから食欲がないとか。どうしてそこまで捧げるのかなと不思議でたまらない。もちろん、心から恋をするのは素敵なことなんだろうけど、中には犠牲的な人もいてちょっと引く。あくまでもこれは私の考え。だって私は恋愛には興味ないもの。ただただ、男のカラダが大好きなだけ。
職場は私にとってレストランそのもの。状況によっては日替わりメニューも頼めちゃう。友達に話すと「そんなことをしていて、虚しくないの?」と言われるけど、全くそのような気持ちになったことはない。むしろ、いちいち恋愛に傷ついている少女達を見ると心が痛くなる。

本日のランチ

今日は職場の新人君が『ヤル気』あるみたい。最近は挨拶をするだけでわかるようになってきた。彼が入社して3日目にフェラをしてあげたら、もう私にメロメロなっちゃって。今朝も完全に「お願いします!」って表情だったもの。
昼休み。私は新人君と目を合わせてから職場の男子トイレへと向かった。彼も悟ったのだろう。直ぐに一つだけ鍵がかかっているトイレの個室をノックしてきた。私はゆっくりドアを開ける。そして、彼を招き入れる。彼ったらもう勃起してる。スーツの上からでもわかってしまうくらいに。
Images and videos of blowjob (68441)

「すみません、その…。」

彼が喋る間もなく私は彼のアソコを咥えた。

「アッ…!」

彼は小さく喘いだ。
声を抑えようと口を手で押さえている。

くちゅっ…くちゅっ…

高層ビルの静かなトイレで卑猥な音が響く。

限界にまで大きくなった彼のアソコ。
小さなカーブを描いで上に隆起している。
長めで太い。女性慣れしていない彼の肌。

たまらないわぁ…♥

私は口のピストンを速めた。

「も、もう、だめです…。」

彼はボソッとそう言って私の口の中へ発射した。

私はしゃがんだまま彼の精液を便器の中へ吐き出し、ハンカチで口を拭いながら彼の横側へと移動した。

射精後の彼の亀頭は物凄く敏感だ。

再び横から咥えて亀頭を刺激する。

「ダメですっ…!本当にもう…!ああぁ…!」

直ぐに彼は潮を吹いた。
Images and videos of blowjob (68443)

私はあなたのカラダが大好き

新人君から入社3日目と同じように告白されたけど、もちろん丁寧に断った。入社3日目も「僕はちゃんと付き合っている人とこういうことをしたいので、今後は、その…、その可能性があるときだけお願いします。」なんて言っていたのに、今日もちゃっかりトイレに来ちゃってさ。
Images and videos of penis (68439)

彼らが目を逸らした時は無理強いはしない。今日のディナーは部長さん。さっきから私のことを見ているのを肌で感じる。既婚者だけど、夜の営みにご不満があるみたい。ストレスが多い彼にとって、私は貴重な存在となっている。
Images and videos of blowjob (68440)

職場から遠く離れたホテルの室内で部長さんと待ち合わせ。

「今日もありがとね。」そう言うなり私にしゃぶりついてきた。

私は彼のやや使い古された感じの黒いアソコをなでる。

もう我慢できんと言わんばかりに彼は私の中へと突っ込んだ。

数回腰を振ったかと思いきや、早くも震えだしている。

「出るぞ…!出すぞ…!うっ……!出る…!」

彼の太いアソコがビクンと中で跳ね上がった。

ドクドクと白い液体がこぼれ落ちる。

「君のことが好きになりそうだ…。」彼は私を抱きしめながらそう言った。

「ありがとうございます。でも、私はあなたのカラダが好きなんです。ごめんなさいね。」

「それがまた、良い。」

満足げに部長さんは帰っていった。

私は愛より体に恋をする。


終わり
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こんな流れでエッチしちゃいました♥体験談まとめ!<2>

こんな流れでエッチしちゃいました♥体験談まとめ!<2>

エロ漫画のようなことは日常的にも起きている!?「私もそのようなエッチがしてみたい!」「それ、経験したことある!」オナニーのおかずにもなる、皆のエッチ過ぎる体験談を集めてみました♪
こんな流れでエッチしちゃいました♥体験談まとめ!<1>

こんな流れでエッチしちゃいました♥体験談まとめ!<1>

エッチをするつもりではなかったのに、流れや雰囲気でうっかりやっちゃった!そのような経験はありませんか?男性の巧妙なテクニックで理性を失ってしまった女性もいることでしょう。そこで、皆の体験談をまとめてみました♪
【官能小説】不思議な恋の物語り(2)

【官能小説】不思議な恋の物語り(2)

ナンシーの心は彼のことでいっぱいになっていった。良くないとは思ったが、ナンシーは再度行動に移してみることに決めた。大胆なナンシーの行動は次々と不思議を生み出していくことになる。
【官能小説】愛してると言われたくて 第一話

【官能小説】愛してると言われたくて 第一話

「私のもとへ白馬の王子様がやってきたの。」頬杖をついてシャーロットは深いため息をついた。太陽のように輝く新鮮な恋に彼女は落ちていた。トキメキだなんてピッタリな言葉は一体誰が考えたのだろう。彼に会いたい。
【官能小説】このコンドームは誰のもの? 第1話

【官能小説】このコンドームは誰のもの? 第1話

交際して2年が経ったある日、彼から一緒に暮らそうと言われた。そう、結婚を前提に一緒に暮らすことになったの。まるで新婚のような気持ちで過ごしていたのだけれど、今回の出来事で事態はガラリと変わったわ…。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

☆YUKARI☆ ☆YUKARI☆
[ComicFesta]【TL】漫画家とヤクザ(act_1).ver1.2.1