LAYLA

LAYLA

フランスで国際結婚をしている女性。外国人男性と接した経験と妄想を生かして、思わず釘付けになって濡れてしまうような記事を書いていきます。

フォロー

0 人にフォローされています

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【1】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【1】

「ねえ、こういうの見たことある?」英理子は、小学校3年生の頃、不運に見舞われた。夏休み中にプール教室に通っていた時のことだった…
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【4】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【4】

真紀に足を開いた英理子。その桜貝のような、汚れを知らないおまんこに、真紀はそっと触れる…
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【2】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【2】

トラウマを抱えた英理子は、全寮制の女子中学校に入学した。女の園で、やっと笑えるようになった英理子。ところがある日ルームメイトの真紀が…?
【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【3】

【官能小説】男なんていらないの…乱れ咲く白百合たち【3】

オナニーする真紀を見て、その股間をいじり始めた英理子。クリトリスにそっと触れて…
【官能小説】お嬢様はあのニオイを愛している【2】

【官能小説】お嬢様はあのニオイを愛している【2】

偶然近づいてしまったホームレスの匂いに、懐かしさと体の奥に訴えかける感覚を覚えた沙羅…
【官能小説】お嬢様はあのニオイを愛している【3】

【官能小説】お嬢様はあのニオイを愛している【3】

すえた獣のような匂いにしか興奮できない沙羅。とうとうホームレスの匂いに耐えられなくなり、男の胸に顔を埋めてしまった…!
【官能小説】お嬢様はあのニオイを愛している【1】

【官能小説】お嬢様はあのニオイを愛している【1】

沙羅はいわゆるお嬢様だ。経営者の父に、元客室乗務員の美しい母。父はもともと名門の生まれだったので、祖父母も上品でお金もあって余裕がある。そんな沙羅には、誰にも言えない秘密があった…。
【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【2】

【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【2】

家庭教師の先生を誘った真衣。膝の上で、自分で腰を振る女子高生…イっくう…!
【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【3】

【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【3】

彼の指をきゅうっとくわえ込んでイった真衣。そしてとうとう彼の太いモノが…
【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【1】

【官能小説】中イキさせて…太いモノを求めて【1】

セックス好きの真衣は、もう何年も中イキできなかった。それは、あの時の記憶があるから…
【官能小説】残業中にデスクで…窓に映る痴態【3】

【官能小説】残業中にデスクで…窓に映る痴態【3】

久しぶりに女としても止められた美里は、オフィスで少しずつ体を開いていく…
【官能小説】残業中にデスクで…窓に映る痴態【2】

【官能小説】残業中にデスクで…窓に映る痴態【2】

残業中に、課長が戻ってきた。差し入れを食べながらコーヒーを飲んでいると、「セックスしていないだろ?」と…。シングルマザーの美里はその質問に…。
【官能小説】残業中にデスクで…窓に映る痴態【1】

【官能小説】残業中にデスクで…窓に映る痴態【1】

歓迎会を抜け残業に戻った美里。そこに現れたのは…?
【官能小説】残業中にデスクで…窓に映る痴態【4】

【官能小説】残業中にデスクで…窓に映る痴態【4】

オフィスの椅子の上で、上司にクリと、中と、そしてアナルの3点責めをされる…。その刺激に耐えられなくなった美里はとうとう…!
【官能小説】元彼の甘美な誘い…濡れる人妻【後編】

【官能小説】元彼の甘美な誘い…濡れる人妻【後編】

結婚した後、一度だけ食事をした元彼との時間を思い出すユキ。ギリギリで夫を裏切ることなく別れる事はできたけれど…どうして私のカラダはこんなに譲に惹かれるんだろう…
147 件