2018年3月8日 更新

【体験談】これは夢?現実?何度もイッて気持ちいい…

幼なじみの友達と二人でスノボに出掛けたときの話です。 私たちは毎年二人で仕事休みを合わせ、スキー場に行っていました。 そして今年も二人で楽しみですにゲレンデへ向かいました。 久しぶりの雪に興奮し、友達とはしゃいでいました。 すると二人の男性が近づいてきたのです。

thinkstock (89382)

公式キャラクター
ガルポリちゃん

本日は、30代前半 アグネスさんの体験談ウサ。
毎年友達とスノボに出かけるアグネスさん。
宿泊先で、昼間にナンパしてきた男性たちもいて、
夕飯を一緒に食べないかと誘われたウサ。
お酒もすすめられ、どんどん酔っていったウサ…


幼なじみの友達と二人でスノボに出掛けたときの話です。



私たちは毎年二人で仕事休みを合わせ、スキー場に行っていました。



そして今年も二人で楽しみですにゲレンデへ向かいました。



久しぶりの雪に興奮し、友達とはしゃいでいました。



すると二人の男性が近づいてきたのです。



「こんにちは。二人で来てるの?」



「はい」



何年も通い続けていたこのゲレンデでナンパされるのは初めてのことでした。



しかし出会いよりもゲレンデで遊びたかった私たちは軽くナンパ男をあしらい、気持ちよく1日を満喫しました。



そして地元へ帰ろうと思ったのですがアイスバーンがひどく帰ることを断念し、近くの旅館に泊まることにしました。



空室もあり、疲れを取るために温かい温泉に行きました。



ゆっくりと浸かったあと部屋に向かいました。



すると


「あれ??さっきの子?だよね?」



ゲレンデでナンパされた二人組でした。



彼らもこの旅館に宿泊していたのです。



「もしだったら俺たちの部屋で夕食食べない?」



まぁ、スノボも終わったし、ちょっとだけならいいかと軽い気持ちで二人で彼らの部屋へ行きました。



彼らの部屋にはいっぱいお酒があり、それをどんどんススメられ、
数時間後には私も友達も泥酔状態でした。



フラフラで歩くことも出来ず、ただただ気持ち悪くて吐きそうでした。



彼らの1人が布団を敷いてくれたので、そこで横になりました。



しばらくすると「バイバイ」と言う声が聞こえ、
私の友達と彼らの1人が部屋から出ていってしまいました。



「どこいったの?」



部屋にいた彼に聞きました。



「トイレかな」



私は酔っていたこともあってすぐに寝てしまいました。



すると変な感覚がし、まるでエッチな夢を見ているように喘ぎ声をあげていました。



夢の中で「気持ちいい?」と聴かれ、本当にエッチなことをされているような気分で「うん」と答えていました。



時間が経つにつれ、どんどん気持ち良さが増し何度もイッしまったように体が震えだしました。



しかし「んっっっ!」



腟に痛みを感じたのです。



「えっ?なに?」



私は目を覚ましました。



夢ではなく、ナンパ男が私の浴衣を脱がせ、気がついたときには全裸でした。



「うそ!やめて、イヤ!」



逃げ出そうとしても目が回ってしまい動くことができず、足で抵抗するのがやっとでした。



「なんだよ!気持ちいい気持ちいいってわ〜わ〜言ってただろ!何回イカせてやったと思ってんだよ」



私の腟はぐちゃぐちゃに濡れていました。



イッてしまった余韻が残ったままの私の体はナンパ男のテクニックによってどんどんと感じてしまったのです。



「やめて」と言いながら、私の体はもっと刺激を求めていました。



ナンパ男の指は子宮に当たるほど奥まで突かれ、何とも言えない快感を感じたとき腟からビチャビチャ〜と潮が吹き出したのです。



もう絶頂を感じてしまった私の腟は何度も潮が溢れだしました。



「あぁぁぁ、はぁ、はぁ、イヤ〜ン、また出ちゃう。出ちゃうよ〜、あ〜ぁぁぁ!」



私はもう、意識が朦朧とし失神してしまいそうでした。



ナンパ男は私が意識が薄れていくのを感じとったのか


「おい!まだ寝るな」


と私を叩き起こし、チ○チ○を口にねじ込んだのです。



私は今にも吐きそうになり意識を取り戻しました。



そして、腟を掻き回されながら必死でチ○チ○を舐めました。



そのあと腟に大きなチ○チ○が入り、激しいピストル運動が待っていました。



ナンパ男が満足したあと、私は部屋を出て友達の待つ部屋へ向かいました。



部屋に入ると友達はしっかりとした意識があり、バックでエッチを楽しんでいるようでした。



そして終わるまで部屋に入ることはできませんでした。



ゲレンデでのエッチは絶頂を感じてしまったものの複雑なものでもありました。


(30代前半 アグネスさん)

公式キャラクター
ガルポリちゃん

知らない人とお酒飲む際は十分気をつけないといけないウサ〜
でもお友達はワンチャン狙っていたみたいウサね!
毎年、スノボだけを楽しみにしていたアグネスさんだったウサが、
来年からはスノボ以外も楽しみになるかも…?♡



▶「エッチな体験談」一覧へ


5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【体験談】出会いにつられスノボに…◯◯に大興奮しちゃいました

【体験談】出会いにつられスノボに…◯◯に大興奮しちゃいました

私の趣味はもっぱら自宅でひたすら漫画を読み漁ることなのに、その年は魔が差したんです。 まったく興味のないスノボに誘われ、ほんとなら断るところ、 「いい男が来るよ」なんて誘い言葉に出会いを期待して大金はたいてスノボウエア一式準備、 全く滑れないのに、誰よりもおしゃれな格好でゲレンデに降り立ったわけでした。
【体験談】旅行中に出会った彼とセックスざんまい

【体験談】旅行中に出会った彼とセックスざんまい

私が22歳の頃、友達と二人でハワイ旅行へ行ったときの話です ハワイのビーチで日本人男性二人にナンパされました。 彼らはハワイで学校へ通うA(22歳)とB(19歳)でした。 そのときはビーチで軽く話しただけで夜にご飯の約束をし別れました。
【体験談】生理中のエッチ

【体験談】生理中のエッチ

私の親友の体験談です。 私の親友の名前はゆっき(仮名)です。 21歳の時、ゆっきが大学の女友達と「クラブ」に行ったことが始まりだったそうです。
寝取り、寝取られ…秘密のスワッピングの世界!

寝取り、寝取られ…秘密のスワッピングの世界!

スワッピングってご存知ですか? 言葉だけ聞くと何やら隠匿な響きですが、夫婦やカップルのマンネリにはもってこいなんですよ♪ 聞いたことはある、実は気になっていた、なんて人は必読ですよ♡
【体験談】初めての口内射精体験談!

【体験談】初めての口内射精体験談!

嬉しくて恥ずかしくて、誰かに聞いてほしい、私の初めての口内射精体験談です。 私はものすごく恋愛に疎くて、初めてきちんとした彼氏ができたのは23歳、その前に一度初体験はしているのですが、ずっと好きだった先輩に奪われる形で喪失しました。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

Hな体験投稿者 Hな体験投稿者