2017年4月11日 更新

【官能小説】禁断のスイートホーム【中編】

バスルームで抱き合う姉弟。それを見た義母の若桜は…!

「もう、挿れていい…?このまま出ちゃいそう…」

雛が床に四つん這いになる。

「今日は…この形で挿れて…。ケモノみたいに犯して…」

海が雛の後ろに回り、腰を掴む。

(止めなきゃ…止めないと…!)

頭ではそう思うのに、若桜の体は動かなかった。

声ひとつ出なかった。
WHI | Get lost in what you love (70318)

肌のぶつかる音、そして水音が響く。

「ああん…ああ…いいよぉ…すっごく…パパよりすごい…」

(え…?)

若桜は耳を疑った。

(今。パパ…って…いった…?)

「ほんと…?若いからね…テクはなくても体力があるよ…んっ…くっっっ…!」

二人のカラダが止まる。

「…それに、何回でもいけちゃうし…?」

雛が体を揺する。

「うわっちょ…」

「もっと…もっとシテ…全然足りないよ…」
今度は海が下になる。

「背中痛くない?」

「へ…いき…」

雛は海にまたがった。

「うっ…」
「ああん…すっごい奥まで来るぅ…」

雛の体がリズミカルに揺れる。

海の体を貪り続ける雛。

スリガラスがより一層曇る。
WHI | Get lost in what you love (70319)

「お母さんも、一緒に入る?」

若桜は、耳を疑った。

中から二人がドアを開けた。

「ずっとそこで見てるだけもつまらないでしょ?」

二人はもちろん裸で、海の股間は真上を向いて勃っている。

「ダメだって、姉ちゃん。お母さんお風呂でのぼせたんだから。部屋行こう。」

二人は手早くパジャマを着ると、呆然とする若桜の手を取った。
ハッと気づいた若桜は、手を乱暴に振りほどいた。

「な、何を言ってるの!何をしてるのよあなたたちはぁ!!」

金切り声をあげた。

「セックス。」

二人は声を揃えて言った。

「聞いてたんでしょ、お母さん。私たちパパともしてるわよ。」

若桜の目をじっと見つめて雛は言った。
WHI | Get lost in what you love (70320)

「私たちのママが亡くなってから、今のお母さんに会うまでパパを慰めてあげていたのが私。海はまだ小さかったから最近だけどね。」

「あなたたちのママが亡くなってから…」

「パパも寂しかったんだよ。」
若桜はたっているのがやっとだった。

愛した男は、自分の娘を犯すような男だったのだ。

吐き気がした。

「パパの名誉のために言っておくけど…」

「俺たちパパとは血が繋がっていないよ。」

「なん…ですって…」

頭がついていかない。

「ママはシングルマザーだったんだ。多分結婚できない相手との間に俺たちができた。今のパパの子供になったのは俺が2歳の頃。」

淡々と説明する海。

「ちょっとパパの鬼畜度下がった?」

頬杖をついて若桜の顔を覗き込む雛。
「狂ってる…」

若桜は喉の奥から声を押し出した。




「その狂った義理の子供のセックス見て濡らしてるのは、狂ってないの?」

座り込んでいる若桜の股間に雛が手を押し当てた。

「きゃあっ!」

若桜は思わず後ずさりをした。

グレーの薄手のパジャマの股間部分は、誰が見ても分かるほどに濡れていた。
「ち、違うこれはっっ!」

そう言って弁解する唇を、海の薄い唇が塞いだ。

自分の子のように愛そうと思っていた義理の息子の、唇。

その舌は驚くほどにねっとりと、熟練した動きで這い回る。

振りほどこうにも、小柄な若桜と大学生の男の体力では勝負にならない。

そうしていると、雛が体に触れて来る。
「や…!!!」

拒絶の言葉を吐こうにも、唇は覆われている。

パジャマの前がはだけられる。

二人の、水を弾く若い体とは違う、熟れた体が現れる。

「お母さん乳首たってるよ…」
WHI | Get lost in what you love (70322)

雛は華奢な指先でツンとつまむ。

正直言って、さっきまでの考えられないほど刺激的なセックスを見て、若桜の体は完全にサカっていた。

そこに直に娘に乳首を弄られる…

そしてパジャマの下も脱がされる。

「ここでっていうのも落ち着かないけど…」

雛は、その若桜の股間に顔を近づけた。
足をばたつかせて拒む若桜。

しかしキスをする海の腕が羽交い締めの形で両乳首を揉みしだきはじめた。

体の力が抜ける。

声が、甘いものに変わる。
「お母さん、私たちは血の繋がりなんてないんだから。気を楽にして…楽しも?」

雛の柔らかな唇が、ビキニラインをなぞる。

「甘い匂い…してるよ…誘われちゃうな…」

「…っっ…!」

雛の手が、若桜の割れ目をクパリと割った。

クチュリ…
WHI | Get lost in what you love (70321)

ぬるりとした割れ目。

中は真っ赤に充血して熟れている。

「わあ…綺麗…」

後ろから抱きしめている海の股間が一層硬くなって若桜の背中に当たる。
24 件

たまにはエッチ動画、見てみる?

完全無料でサクッと見れるエッチ動画はこちら

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【官能小説】禁断のスイートホーム【後編】

【官能小説】禁断のスイートホーム【後編】

義理の子供たちの甘い誘惑を拒めない若桜…快楽に堕ちていく…
【官能小説】禁断のスイートホーム【前編】

【官能小説】禁断のスイートホーム【前編】

閑静な住宅街に、小綺麗な新築の一戸建て。庭には花が咲き乱れて、休日には家族の笑い声が絶えない家…私の理想だった。でも、今絶えないのは笑い声ではなく、喘ぎ声…
【体験談】禁断の花園に足を踏み込んだ二人

【体験談】禁断の花園に足を踏み込んだ二人

これは私が学生時代の話です。当時私は大学生で、飲食店でアルバイトをしていました。その飲食店には学生のアルバイトが男女合わせて20人ほどいました。 みんな仲が良く、バイトが終われば飲みに行ったりカラオケに行ったり。その中の一人の男の子と私は付き合っていました。
【体験談】初めての複数プレイ

【体験談】初めての複数プレイ

私が大学生の時の話です。ある金曜の夜に友人と飲みに行きました。私を含め女3、男3の6名でした。 この体験談では私をA子、男性陣をB、C、Dとします。 居酒屋で飲んだ後、1人の女の子は門限の関係で先に帰宅しました。近くのアミューズメント施設に移動しました。
【体験談】いけない場所でのHは辞められない

【体験談】いけない場所でのHは辞められない

友人の誘いで始めたスナックの仕事。 お酒を飲むのも好きだし、どちらかといえば強い方。 男性の話し相手になるのも苦じゃないし私にはぴったりの仕事だった。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

LAYLA LAYLA