2018年4月28日 更新

【男の本音】男をヤル気にさせるいい女の5つの小ワザ

「あの人は高根の花」「私よりもいい女なんていっぱいいる」と最初から諦めていませんか?いい男は良きパートナーに支えられて出世するものです。つまり、見た目もそこそこに大事ですが、それよりも大事な5つの小ワザを身につければ、男をヤル気にさせる「いい女」認定ってそれほど難しいことではないのです。

「あの人は高根の花」「私よりもいい女なんていっぱいいる」と最初から諦めていませんか?いい男は良きパートナーに支えられて出世するものです。つまり、見た目もそこそこに大事ですが、それよりも大事な5つの小ワザを身につければ、男をヤル気にさせる「いい女」認定ってそれほど難しいことではないのです。

1.心から褒める

gettyimages (90942)

大人になると「褒められる」という事が、子供のころに比べて格段に減ります。
「褒められる」と言うことは「相手を認める」とか「尊敬している」という事を示す素晴らしいことです。
子どもの頃は些細な事でも褒められたのに、大人になったら「出来て当たり前」と思ってしまいますよね。

しかし、潜在意識は「褒められる」ことを望んでいます。
自分の胸に手を当てて考えてみてください。
褒められると、とても嬉しい気持ちになりませんか?

自分がして欲しいことを、彼にもしてあげてみましょう。
一気に彼の自分を見る目が変わるのを感じることが出来るはずです。

大好きな彼の、どこが好きかをよく観察していれば
「褒めるところがない!」なんていうこともないでしょう。
褒めるところなんてどこでもいいのです。
顔でも、体でも、服装でも、性格でも、行動でも、言葉遣いでも、
彼の「ここが一番素敵だ」と思うところを思い切り褒めてみてくださいね。

2.共感は言葉と体で表現する

gettyimages (90943)

恋人や想い人との心のつながりは目に見えません。
だから不安になることはたくさんありますよね。

目に見えないから不安になるのなら、目に見えるようにすればいいのです。

喜ばしいこと、嬉しかったこと、楽しいという気持ち
一緒に居られて幸せだという気持ちを
自ら体で表現してみましょう。
身体で表現することで、可視化できるようになります。
嬉しいときは両手を広げて「やったー!」と叫んでみたり
楽しいときはニコニコしながら「楽しいね!」と言ってみたり
幸せを感じたときは抱きしめて「幸せ!」とささやいてみたりと
方法はいくらでもあります。

彼がそれを見て「この子一緒に喜んでくれるんだ!」と言う気持ちになれば完璧です。

普段この表現が乏しいと、彼は「この子何を考えてるかわからない」と思ってしまいがちになります。これが積み重なって不安に変わったり、勝手に「俺、嫌われてるのかな」と無意識に考えてしまったりするのです。

普段、感情表現を言葉や体でしていない人には難しく感じるかもしれません。
けれど、一度思い切って口に出してみてください。
身体で表現してみてください。
恥ずかしいならだれもいないところでやってみて、練習してからでも構わないのです。
やるのとやらないのでは、彼のみならず周りの環境も全然違ってくるのがわかるはずです。

3.さりげない気遣い

gettyimages (90944)

さりげない気遣いと言うのは案外、難しいことかもしれません。
相手をよく見て、何を欲しているのかを判断しなくてはならないからです。

人によっては「それじゃない」という場合もあるかもしれません。
私ならここでこうして欲しいのに、というのと
彼がして欲しいことが違う場合もあります。

しかし、「これかな?」と行動することで、「気を遣ってくれてるんだな」と言うのは
確実に伝わります。
彼の気持ちを読み取るには、自分の経験と彼の感情を重ね合わせ
自分だったらこうして欲しいな、というものを提供することをどんどん積み重ねていく必要があります。

そうしていくなかで、「この人はこういう時こうして欲しいんだ」ということが徐々にわかってくるのです。

最初から「この人にとって適切な気遣い」が出来るとは思わなくていいのです。
簡単なところから始めるとすれば、
鼻水が出そうだな、と言う時にティッシュを取ってあげるとか
お店で箸やスプーンを取って渡してあげるとか、
元気がないなと思ったら、一緒にいて話を聞いてあげるとか
そういうところから始めていけば
「さりげない気遣い」が自然と出来るようになっている、そういうものでしょう。

4.何事にも懸命に取り組む姿

gettyimages (90945)

人は「大好きなものに熱中している姿」を見ると、「応援したくなる」生き物です。

仕事でも遊びでも趣味でも、一生懸命に何かに取り組む姿というのは
人の心を打つもの。

彼は何気なくその姿をみて、思うのです。
「彼女が誇らしい」と。

だからと言って彼が見ているから一生懸命にやる、と言うのも違うのです。
本当に一生懸命やっているのと、「見られてるから」頑張るという時の目の輝きは
全くの別物です。
彼が見ているからやっている、という事を彼は見透かすことが出来ます。

実は自分が思っているところとは違う部分で、彼は「誇らしい」と感じているかもしれませんね。
それは本当に、自分が夢中で一生懸命になっている瞬間なのです。

5.お金のことを口にしない

thinkstock (90946)

口にするなら「愛してる」がベストです。

旦那や彼氏の収入が少なかったり、割り勘にさせられたり等で
付き合いが深くなればなるほど、お金のことを口にする機会は増えていきます。
そんな時、思い切り思っている通りにお金のことを口にするのはタブーです。

生活するのにお金は大切です。必要なものであることも、男は重々わかっています。
そこで奥さんや彼女が自分のお金に対して文句を言ってきたらどんな気分になるでしょう。
(お金の話の場合、大抵「少ない」「足りない」というパターンで文句しか出てきませんので)

すぐにお金のことばかりを口にする女性は、はっきり言って嫌われます。
お金は大切なものです。しかし、男はこう思います。

「あぁ、これはお金のために付き合ってるんだな」

と。

この瞬間から、彼女や奥さんを見る目が変わります。
どんなに愛していても、「愛<お金」という気持ちにさせられてしまうのです。

恐ろしいパワーを持っているテーマになるので、「お金のこと」は極力会話から避けるか
超現実的な事実として会話に出来る力を備えてからお話ししましょう。

だから、彼へ一番に口にするべきはやはり「愛してる」が、ベストなんです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
男の本音としての「いい女」の小ワザを5つご紹介しました。
実はこの小ワザは、恋愛関係だけに使えるものではありません。
職場や人間関係にも使えるものもご紹介しています。
今の時代「愛される人」が成功をおさめています。
ここでご紹介した小ワザは「愛される成功者」になるための小ワザでもあるのです。
彼氏や旦那がいない人でも、是非実践してみてくださいね
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【男の本音】結局大きいおっぱいじゃないですか?おっぱいとその向こう側

【男の本音】結局大きいおっぱいじゃないですか?おっぱいとその向こう側

「小さいおっぱい、かわいいよ」「大きさなんて気にしない」「俺は好きだよ」胸の小さい女性に対して、男はこんな言葉を言います。でも、それって本当に本音なの?と思ったことはありませんか?男の本音を暴露します。
セックスでイけない!スピィーディーで簡単なポルチオ開発が知りたい

セックスでイけない!スピィーディーで簡単なポルチオ開発が知りたい

こんばんは、ねここもりです。 今回のお悩みは誰もが気になる中イキについてのお悩みです。
【男の本音】今日はなんだか…したくない、そんな時って?【男の生理?】

【男の本音】今日はなんだか…したくない、そんな時って?【男の生理?】

人間って本当に厄介だな、と誰しもが思うとき…それは必ず「気分」というものに振り回される時ではありませんか?女性がなんとなく「今日気分じゃないのよネ」と思う時があるのと同じように、男性も同じような気分の時はあります。いつだってしたい!ツッコミたい!と思っていると思われがちですが、決してそうではないのです。
セフレをどう作る?隠れ小悪魔女子のネットテクニック

セフレをどう作る?隠れ小悪魔女子のネットテクニック

人肌の恋しくなる季節。せめて体だけでもいいから繋がりたい、と思った時でもなかなか相手は見つからないもの。みんなどこでセフレを作っているんだろう?うまく体だけの相手を見つけるのに、SNSは欠かせないようです。早速その秘密を紐解いていきましょう。
【男が本気になる】絶対断れないSEX誘惑テクニック【MAXパワー】

【男が本気になる】絶対断れないSEX誘惑テクニック【MAXパワー】

カップルのセックスはいつかマンネリ化してしまうもの…「最近彼が手を出してくれないなぁ」と思い始めた時こそ、脱マンネリのチャンスです♪男目線で男が絶対に断れなくなる、そして思わず手を出したくなってしまう誘惑方法をご紹介しちゃいます。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

ななべハイブリッド ななべハイブリッド
[ComicFesta]【TL】漫画家とヤクザ(act_1).ver1.2.1