2018年2月17日 更新

【体験談】表はおしどり夫婦、裏では◯◯の女性

私がまだ30代前半の時に、たまたま知り合った勤務先の女性(同い年)の話です。 彼女はものすごく気さくで話上手で明るくていつも笑顔で接してくれる、私にとってはものすごく元気をくれるといった存在でした。 知り合って半年くらいして、お互いにうちとけて色んな話をするようになった頃だったと記憶しています。 「私、今5人と付き合っているの」

thinkstock (86560)

公式キャラクター
ガルポリちゃん

本日は、40代後半 キナコさんの体験談ウサ。
30代の頃に努めていた会社に家庭を持ちつつも複数の男性と
関係を持っていた女性がいたそうウサ。
その女性はキナコさんにエッチな話を聞かせてくるそうで…


私がまだ30代前半の時に、たまたま知り合った勤務先の女性(同い年)の話です。

彼女はものすごく気さくで話上手で明るくていつも笑顔で接してくれる、私にとってはものすごく元気をくれるといった存在でした。


知り合って半年くらいして、お互いにうちとけて色んな話をするようになった頃だったと記憶しています。

ある日彼女の口から衝撃的な言葉が飛び出しました。


「私、今5人と付き合っているの」


と。そんなこと知る由もなかった私にとっては青天の霹靂とでも言いましょうか、脳天から雷にでも打たれたような気持ちでした。

というのもほかでもなく、彼女は二人の子持ちで仲良し夫婦でいつもメールで連絡を取り合うくらい仲睦まじいところを私にも見せていたくらいおしどり夫婦だったと思い込んでいたからなのです。


私たちは運送会社のお手伝い的な業務をしておりました。
今ではそう珍しくもなくなりましたが、運送会社で運転も時折はするもののほとんどが助手席に座って作業の補助的な事をするのがほとんどでした。


運転手の方々は大半が男性で、もちろん家庭を持っておられる方が大半なのですが中には独身の男性もちらほらおられて、時としてそんな男性とペアで外回りをすることもありました。


彼女はその男性たちと次々に関係を持つようになってついには同じ職場で5人の男性と男女の仲になるようになったそうなのです。

彼女の告白を受けるまで、私はそんなことをみじんも感じさせない彼女はいつも通り働き者で明るくて皆と仲良くしているところしかうかがわえずに毎日を過ごしておりましたが、その話を聞いてから少し見る目が変わってしまいました。

なぜか、それは男性5人が別々に知らずに付き合ってるのかと思いきや5人が5人とも交際していることを知っていて付き合っていたということが解ったからです。

見る目が変わったというより人間をうたがいました。

旦那さんがいて子供さんもいてそして職場で5人と付き合って、そしてその5人が皆同じ女性と付き合っていることを知っているという異様な関係をどうしても受け入れることができなかったのです。



最初は衝撃的な告白だけだった彼女が、なぜ私には話すようになったのかわからないのですが、徐々に付き合い方や合って男女の関係をもっている時の内容や状況を話すようになってきたのです。


今思えば彼女も誰かに聞いてほしかったのかどこか心に闇があったのかなとも思うのですがその時は常軌を逸した内容に私は心を打ち砕かれました。
中でも一番衝撃的だったのは5人全員と同じホテルに入り5人からいろんなことをされることがあったらしく、中身を事細かに教えてくるのです。


一人からは全身をくまなく触り続けられ、一人からは大切な部分を執拗に愛撫され、一人からは男性の大切なものをずっと愛撫させられ、一人からはお尻の穴におちんちんを入れられていて、その様子を最後の一人が撮影していたというものでした。


スケベというよりも私にとってはあまりにも非日常的なはなしであったために途中で聞くのが嫌になったくらいです。

でもそんなことが徐々に好きになってきたという彼女の心の変化に私もすこし興味を持ち始めたのも事実で別の日にはまた違う話をしてくれました。


それは自宅に3人の男性を招き入れて自宅でいろんなことをしたという話でした。

私は彼女の精神が病んでいるのかどうかは別にして、そんな大胆なことをして見つからなかったのかとハラハラしながら聞き入っていたのですが用意周到な彼女は上手に招き入れていたようです。


男性には宅配業者、親戚、修理業者を装わせて時間をずらして午前中に家に来させるようでした。

全員集まるといつもと同じように全員素っ裸になり、シャワーをしてからベッドルームにいくようでした。

そしてなによりも私が彼女が変態なのではと思ったのは、いつ聞いても「お尻の穴」を使った内容ばかりだったのです。

それほどお尻の穴にこだわるには意味があったらしく大切な部分は子供と旦那様の思い出のために一切触れずにいたいという彼女なりのルールがあったようでした。


そして話が進むにつれお尻の穴をつかった中身はエスカレートしていくのでした。

その日もものすごい回数の浣腸をして中身を綺麗にしてから、男性のモノをかわるがわる入れては、お尻の穴の中で射精させるそうです。

そしてそのままなにやら聞いたことのない道具を使って栓をするそうです。


栓をしたまま外にでることもあったりするようでした。

そんな異様な行為を複数人の男性としている彼女の最中の顔は一体どんな表情なのかと、正直見てみたいような気持になりました。

何回か職場で「今も栓してもらってるのよ」と言い出したこともあって見せてもらったのですが、確かに職場には似つかわしくないTバックの下着の間から丸い赤い栓が見えて、本当だ!と驚いたものです。

映像も何回か見させてもらったのですが、嘘偽りなく彼女が何人もの男性からお尻の穴にオチンチンを入れられて射精されている様子が映っていました。


出来れば嘘であってほしいと願いましたが事実でした。

その男性たちも同じ職場で一緒に働いていることに、本当に私は耐えられなくなり、その職場は1年で退社しました。


その後彼女はどうなったのかはわかりませんが、私は子供さんとご主人のことを思うといたたまれない思いがこみ上げてくるとともにとてつもなく心配になりました。


彼女はまっとうな主婦であり続けれるのか、それとも一生仮面をかぶったまま裏では変態プレイをしつづけるのか、連絡を絶った今では知る由もありません。


新しい職場に来てからは男女の色恋沙汰はないのですが、この体験は私にとって一生消えないトラウマです。


(40代後半 キナコさん)

公式キャラクター
ガルポリちゃん

その女性は結構刺激的な生活を送っていたウサね!
お尻の穴しか使わない…ポリシーがあるのは
ちょっとかっこいいウサ。
でも、なんでキナコさんに話したウサかね?
もしかしたら…キナコさんにも参加してほしかったウサ…?



▶「エッチな体験談」一覧へ


6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【体験談】診察で使用してる◯◯がまさかの大人のオモチャに・・・

【体験談】診察で使用してる◯◯がまさかの大人のオモチャに・・・

これは私が肛門科を訪れた時のお話です。 肛門ということもあり、旦那には恥ずかしくて言えず内緒で病院へ行くことにしました。 しかし大きな病院へ行く勇気はなく小さな個人病院を選びました。 病院へ行くとおじさんが一人患者として待合室に座っており、あとは看護師一人と受付のおばさんとおじさん医師のみでした。 患者のおじさんは診察を終え出ていき、人妻とはいえ私も女なので誰もいないことに安心したのですがこれが間違いだったのです。
【体験談】怪しいオーディションの結末…でも貴重な◯◯体験に興奮!

【体験談】怪しいオーディションの結末…でも貴重な◯◯体験に興奮!

私がまだ20代前半だった頃のお話です。 当時歌手になる事を夢みていた私はとあるサイトでオーディションがないか探していました。 掲示板にプロフィールを載せていたのですがある男の人からメッセージが届きました。 メッセージ内容は当時有名だった歌手がいる事務所に入る前のオーディションをしませんか?との事でした。 今なら怪しいと疑ってしまいますが若かった為、話を信じ返信をし男の人と会う約束をしました。
まさかそんなところで?!『◯◯で野外プレイ♡』3つのポイント

まさかそんなところで?!『◯◯で野外プレイ♡』3つのポイント

野外でのプレイって夜の公園とか海岸の岩陰ってするイメージだったのに… 昼間でも興奮するの?今回は、ゴルフ場プレイの内容をご紹介したいと思います。
【体験談】私が今までで1番興奮したエッチの体験談

【体験談】私が今までで1番興奮したエッチの体験談

私は今まで様々なエッチを経験してきましたが、その中でも1番興奮したエッチがどういうものなのかを紹介していこうと思います。 私が初めてエッチをしたのは高校2年生の時で、当時からすれば割と早いほうの年齢だったと思います。
【体験談】変態野郎との屈辱的なセックスに今はまっている私

【体験談】変態野郎との屈辱的なセックスに今はまっている私

私はOLです。一見普通の真面目な女性に見えますが、実は淫乱女性だと彼から呼ばれています。 私にそんな要素があったとは、彼と出会うまでは全く知る由もありませんでした。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

Hな体験投稿者 Hな体験投稿者
[ComicFesta]【TL】漫画家とヤクザ(act_1).ver1.2.1