2018年7月23日 更新

【体験談】家族を巻き込んだ一人エッチライフ

私が初めて一人エッチをしたのは、小学校高学年のときだったかなと思います。 性的なことに興味を持ち始めたのはきっともっと前。 その時からエッチな絵や漫画、そしてドラマのベッドシーンをみていると、股間が濡れていることにとても不思議な気持ちをもっていました。

thinkstock (92125)

私が初めて一人エッチをしたのは、小学校高学年のときだったかなと思います。

性的なことに興味を持ち始めたのはきっともっと前。

その時からエッチな絵や漫画、そしてドラマのベッドシーンをみていると、股間が濡れていることにとても不思議な気持ちをもっていました。

おそるおそる手を触れてみると、ねばねばとした液体が手について、そのぬめりをそのまま股間に指でこすりつけると何とも言えない快感があったことを覚えています。

だんだんとエスカレートしていき、一人で寝室で寝ていて、朝起きたらしてみたり(すでになにをネタにしていたのかは覚えていません。もしかしたら妄想だったのかも?)、そうするとだんだんとピークというものを感じ始めました。


何度か、このまま続けたらどうなるかわからなくて怖い気持ちになり、途中でストップしたこともありました。

ですが、小さい子の性的なことに対する興味というものは歯止めがきかないもので、戸惑って途中で終わらせていた期間はかなり短かったと思います。

すぐに達することを覚えました。はじめてイッたときは、なんだかすごくおしっこがしたい!漏れてしまいそう!と思いました。

でも、トイレにいっても実際におしっこが溜まっているわけではないので、出るわけではありません。

なぜだろう?でもさっきはすごくおしっこがしたかった…。

そんな不思議な感覚を抱きながら、私の一人エッチライフはどんどんステップアップしていきました。


一度だけ、小学生のときだったと思います。

両親とおでかけしているときに、トイレに行くためにみんなでコンビニに寄ったことがありました。

両親がトイレのついでに買い物をしているときに、何の気なしに店内を見て回っていると、雑誌売り場のアダルトコーナーに目がとまりました。

今思うと、本当にあのアダルトコーナーは親からしてみてもなくしてほしい部分だったと思いますね。

それと同時に、小さい子ってなにも考えなしに突拍子もない行動を起こしてしまいますよね…。

それでも、こそこそっと、だったと思います。
こっそり、アダルト雑誌の一冊を手にとり、ページをめくりました。
そこには今まで見た中でも一番刺激的な世界が広がっていました。
1ページめくっただけで、私は両親の目を忘れ夢中になってしまっていました。
ですが、あまり長いこと見てもいられなく、現場を両親にみつかり、雑誌を取り上げられ、「こんなもの見てはいけない」とぴしゃりと叱られてしまいました。


両親とエッチネタでいうともう一つ。

我が家には小さいころからパソコンがありました。
子供にとってみたら魔法の箱です。いつからかは覚えていませんが、エッチなイラストや写真を見ては、ひとりエッチのネタにしていました。

しかし事件は中学3年生のころに起こったときおくしています。
塾から帰ると両親が険しい顔をしてパソコンと向かい合っていました。

あの時に私の動揺は言葉にできないくらいです。

もうさすがに「一人エッチは悪いこと。人にばれてはいけないこと」という認識があったので、履歴も消したりと、綿密にやっていたはずでした。

ですが、つめがあまかったのか、ネットのこわさをまだ理解しきれていなかったのか、悪いウィルスに感染してしまったようです。

再起動しても一度シャットダウンしても、起動してブラウザを立ち上げると、同時にエッチな広告が次々とでてくる仕様になってしまったのです。

あれは冷や汗ものでした。母はかばって「いろんな写真とか検索してたらわけもわからず開いちゃったのよね。びっくりしたよね」と言ってくれ、父は何も言わずに必死になおそうとしていました。

私は曖昧な返事をして、その日を過ごしました。結局初期化をしたとかでその症状は治まりましたが、両親には迷惑をかけてしまったと思います。



このような感じで、私の一人エッチライフは家族を巻き込んでのものでしたが、大人になった今はだれに気兼ねすることもなく、たまに時間や余裕ができたときにネットで購入したローターで楽しんでいます。

たまにローターをしまい忘れて旦那に見つかってしまいますが、それもまたご愛敬。
ストレス発散の一つになっています。


(20代後半 うさぎさん)
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【体験談】顔も知らない男性との電話オナニー

【体験談】顔も知らない男性との電話オナニー

夫が単身赴任をしている頃、あまりの寂しさと満たされない欲求で友達から紹介された出会い系サイトに手を出してしまった時のお話です。 出会い系サイトで知り合った男性は45歳のサラリーマンでした。
【体験談】彼氏がいてもいなくても気持ちよくなりたい♡

【体験談】彼氏がいてもいなくても気持ちよくなりたい♡

私は20代のころは正直エッチは苦手でした。 その当時付き合っていた彼氏がそうだったからかもしれませんが、痛いし特に気持ちよくないし早く終わってっていつも思っていました。
家庭にもある身近でオナニーグッズに代用できるものBEST3

家庭にもある身近でオナニーグッズに代用できるものBEST3

女性だってオナニーしたい! ですが、大人のおもちゃを購入するのは少し恥ずかしかったりしますよね。 急にムラムラしてしまったときにもすぐにおもちゃが出せるとは限りません。 そんな時に役立つ家にある身近なオナニーグッズBEST3をご紹介します。 おもちゃを使うよりもむしろ興奮するかもしれませんよ。
耳から気持ちよくなる、エロボイスオナニーの世界♡

耳から気持ちよくなる、エロボイスオナニーの世界♡

最近一人エッチにマンネリ気味、またはもっと違う刺激が欲しい… そう感じているアナタ。耳から気持ちよくなれるエロボイスオナニーはいかが?
【もうダメ…イッちゃう♥バイブオナニーが気持ち良くなる方法】

【もうダメ…イッちゃう♥バイブオナニーが気持ち良くなる方法】

「あなたはオナニーの時、バイブを使っていますか?」バイブは基本的に、中イキしたい女性に人気があるラブグッズです。バイブでGスポットを刺激して気持ち良くなったり、中には潮吹きする女性もいるのでは? そこで今回は、バイブで気持ち良くなるための方法をいくつかご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

Hな体験投稿者 Hな体験投稿者