2018年9月19日 更新

進化系電マで初めてのカイカン! ピンクデンマ1プラスのレビュー

こんにちは、メアリです。 これまであえて試してこなかったアレを、ついに手にしてしまいました。 それが、これ! ピンクデンマです。

こんにちは、メアリです。
これまであえて試してこなかったアレを、ついに手にしてしまいました。

それが、これ!
ピンクデンマです。

ピンクデンマ1プラス

 (92111)

なんとこれ、ただの電マではありません。
通常の電マは、肩こりや疲れを癒すための機械です。

が、これは、性感帯専用なのです。
キャッチフレーズは、

「絶対イカせる電マ」

絶対と言いきられているのが恐ろしくあります。。。

まずは、開封。
シンプル。

シンプル。

すごくシンプルな作りになっています。

気になるのは、電マにしては細いヘッド部分。
大きい方が震えが強そうと思うのですが、この細さこそ、ピンクデンマ1プラスの本領発揮ができるのでした。
それは後ほど。
細い上に、しなります。

細い上に、しなります。

ぐにょーん。柔らか素材です。

電池セット!

セッティングからスイッチオンの流れは、ピンクデンマ2プラスと全く同じです。

スイッチボタンを押さないと電源が入らない安全仕様です。
なので最初、電池を入れても動かない!?と焦ってしまいました。。。

詳しいセッティング方法は、こちらのレビュー記事を見てみてください。

本気を出したピンクデンマ1プラス!

ピンクデンマ1プラス、すごいです。

ヘッドが細いので、あまりブレずに気持ちいいポイントに当て続けられます。

そして、振動が激しい!
激しすぎます!!
手に伝わる震えが、ラブホに置いてあるコード式の電マよりも強いです。

絶対イカせるという言葉は、侮れませんでした。

つい魔が差したら。。。挿入もできました

しばらく、クリトリスや大陰唇に当てて楽しんでいました。
でも、もしかしたらこのサイズならできるかもしれないと思ってしまいました。

そして試しに挿入。

うまく入りました!
ヘッドは柔らかいのですが、芯がしっかりしているので、入りやすかったです。
バイブ程度の細さなのは、こういうプレイも想定してのことなのだろうと思いました。

そしてスイッチを最大にすると、とんでもない刺激です。
バイブの振動が物足りなくなっていた膣も大満足で、全身気持ちよくなりました。

まとめ

ラブホなどで、通常の電マが物足りないと思っている方に、ぜひオススメしたい電マです!
もちろん、電マ入門にもオススメな、無段階調節機能。

フォルムも可愛いし、色のバリエーションも様々で、デザイン性が高いピンクデンマ。
ぜひお手に取ってみてほしい1本です!

今回レビューしたグッズはこちら

ピンクデンマ1プラス

2,177(税込)
デンマの神、降臨!
絶対イカせるデンマ「ピンクデンマ1」が
最強にして最高の『ピンクデンマ1プラス』となって遂に登場!
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イカされちゃった♡【ピンクデンマ2プラス】レビュー

イカされちゃった♡【ピンクデンマ2プラス】レビュー

皆さん、こんにちは!ざくろです( ´ ▽ ` )ノ「デンマ」って皆さん一度は耳にしたり見たりしたことがあるのではないでしょうか? 今回はそんなデンマのレビューです!
【おすすめ電マ】絶対イケるデンマです♡ピンクデンマ3の体験談レビュー

【おすすめ電マ】絶対イケるデンマです♡ピンクデンマ3の体験談レビュー

ピンクデンマ3の体験レビューです。絶対イカせるシリーズのピンクデンマを実際にしようしたレビューです。絶対イカせるシリーズは、ダイヤル式で片手操作できる高機能でイケる電まです。
【体験談】顔も知らない男性との電話オナニー

【体験談】顔も知らない男性との電話オナニー

夫が単身赴任をしている頃、あまりの寂しさと満たされない欲求で友達から紹介された出会い系サイトに手を出してしまった時のお話です。 出会い系サイトで知り合った男性は45歳のサラリーマンでした。
家庭にもある身近でオナニーグッズに代用できるものBEST3

家庭にもある身近でオナニーグッズに代用できるものBEST3

女性だってオナニーしたい! ですが、大人のおもちゃを購入するのは少し恥ずかしかったりしますよね。 急にムラムラしてしまったときにもすぐにおもちゃが出せるとは限りません。 そんな時に役立つ家にある身近なオナニーグッズBEST3をご紹介します。 おもちゃを使うよりもむしろ興奮するかもしれませんよ。
耳から気持ちよくなる、エロボイスオナニーの世界♡

耳から気持ちよくなる、エロボイスオナニーの世界♡

最近一人エッチにマンネリ気味、またはもっと違う刺激が欲しい… そう感じているアナタ。耳から気持ちよくなれるエロボイスオナニーはいかが?

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

メアリ メアリ