2018年3月11日 更新

3Pのススメ~女2×男1~

みなさーん!3Pしてますかー?(笑) 3Pってちょっとアブノーマルに捉えられがちなのですが、実はとっても楽しいプレイの一つなんですよ♡ 3Pってよく聞くけど、実際にどうやるの?興味はあるけど相手がいない…

みなさーん!3Pしてますかー?(笑)
3Pってちょっとアブノーマルに捉えられがちなのですが、実はとっても楽しいプレイの一つなんですよ♡

3Pってよく聞くけど、実際にどうやるの?興味はあるけど相手がいない…
そんな人にオススメしたい、女2×男1の3P方法を伝授いたします♡

今更聞けない!3Pって?

gettyimages (88216)

組み合わせは、男2×女1、女2×男1、男×3、女×3というパターンが主ですね。
初心者さんにオススメしたいのが女2×男1の組み合わせです!

なぜ、上記の組み合わせが良いのかを解説していこうと思いますが、そもそも3人でどうやってエッチするの?という疑問が浮かんでいるそこのアナタ(笑)。

3Pを難しく考える必要は全くありませんが、
まずどうやって3人でエッチするのかを触れておきますね。

3人でエッチ…1人余らないの?

thinkstock (88219)

3人でエッチするとなると、1人余ってしまうのでは…
という心配(?)が頭に浮かぶと思うのですが、それはノープロブレムです!

通常の男女ペアのエッチをイメージすると確かに余るという考えになるのですが、
3Pは3人全員で楽しむのが基本です。

例えば2人が挿入していも、もう1人もしっかりプレイに参加します。
男性の顔にまたがって顔面騎乗&騎乗位の女性とキスしたり、
女性同士で胸を刺激し合ったりハグしたりしながら全員が一致団結して快楽を目指します(笑)。

挿入だけがエッチではないので、全員が気持ちよく楽しくプレイできれば成り立ちます♡
途中で挿入を交代してもいいですし、2人が1人を同時に攻めたり、おもちゃを使ってそれぞれが1人エッチしたってOKですよ♪

3Pの組み合わせ

gettyimages (88222)

さて、3Pの楽しみ方をわかっていただけたところで、
なぜ「女2×男1」がオススメなのかを解説していきます。

AVやレディコミなどでは男2×女1の構図が多いのですが、
これは上級者向け、あるいは責められまくりたいどМさん向けと言えるでしょう。

実際に男2×女1の組み合わせだと、よほど信頼関係を築けているか、
相手のことを知っていないと身を任せる不安が出てきてしまいます。

ラブホテルでも上記の組み合わせは断られる場合が割とあります。
エロ上級者で、相手の男性とお互いが信頼関係で結ばれているのであれば問題ありませんが、
3Pに興味を持ったビギナーさんはまずは女2×男1の組み合わせからスタートしましょう!

女2×男1のメリット

thinkstock (88225)

女2×男1のメリットは何といっても女性側にリード権があることです!

女性陣のペースで進められるうえに、
男性も無茶ができないので初心者でもまったりとプレイを楽しむことができます♡

また、この組み合わせはラブホテルもウェルカムなところがほとんどです。
この組み合わせなら予約しなくても入れるところが多いので、
急に思い立った場合でも安心です(笑)。

女2×男1のメリット2

gettyimages (88228)

女性が2人いると、お互いの身体のことをよくわかっているので、男性抜きでも楽しめます。

ローターやバイブ、双頭ディルドなどを準備しておけばよりGOOD!
男性に見せつけながら2人でいちゃいちゃするのも興奮を煽りますし、
自分たちも気持ちよくなれますよ♪

女性同士で体をほぐし合っておけば、その後の男性の受け入れも簡単です。
まずは女性同士でいちゃいちゃする方がその後の展開がスムーズですよ!

3Pのパートナー選びは?

thinkstock (88231)

女性同士は、普段からエッチな話をし合える仲が良い友だちがベストです♡

お互いに気を許し合うのも時間がかからないですし、いいパートナーになれます。

男性はどちらかの知り合いがベストです。
マッチングで出会いを探す方法もありますが、
できればどちらかが知り合いの男性を選ぶ方が安心でしょう。

一歩踏み出して、新たなエロの世界へ!

thinkstock (88235)

2人でするよりもっと楽しいのが3Pです!
最初は戸惑ったりうまくできなくても大丈夫。

みんなが気持ちよくなるように工夫しながら楽しんでみて♪
恥ずかしがらないで、一歩踏み出せば新しい世界が開けますよ♡
22 件

この記事のキーワード

この記事を書いたライター

くーさま くーさま
[ComicFesta]【TL】漫画家とヤクザ(act_1).ver1.2.1